ほめないで育てる?「アドラー心理学」に学ぶ子育て

2020/07/27
  • マルチジャンルライター。ウェブライティング・ブログ・小説、なんでも書きます。もっと見る>>

主婦の身近な事なら何でも書く主婦ライター、最近心理や思考を分析しがちな山名美穂です。小6男子のおかんやってます。

この記事では、有名な「アドラー心理学」から子育てのヒントを学びます。

アドラー心理学とは……

「アドラー心理学」は、19世紀オーストリア出身の心理学者アルフレッド・アドラーが築いた心理学です。難しい話はここではスキップ。アドラー心理学の中から、子育てに使える考えを、3つピックアップします。

人は「原因」ではなく「目的」があるから行動する

子どもの言動が「原因」で怒っているの?

例えばわたしが「早く宿題しなさい!」と子供を叱ったとします。「子供が宿題をしない」ことが原因で怒っている……。その考えは、ごく自然なようにも感じます。

ところでわたしの子供は、勉強はサボらずにするタイプです。なのでわたしも、彼が毎日きちんと宿題を終わらせることは、分かっています。「分かっている」のに、「子供が宿題しない」と怒っている……。なんだかおかしいですね。

わたしが怒った理由は、本当に子供の行動なんでしょうか?

本当は、テーブルの上を片付けるのが「目的」

よくよく考えると、その時のわたしは「夕食時にダイニングテーブルを、確実に空けておきたい」だけだったりします。わが家はダイニング学習なので、ダイニングテーブルにずっと教材が乗ったままだと困るのです。

そう。「子どもが宿題をしない」のが原因で怒っているのではないのです。「夕食までにテーブルをきれいにしておく」目的があり、それを果たすために、「怒る」という手段で子どもを動かそうとしているのです。

「〇時までには片づけて」って伝えればいいだけで、怒る必要はないんです。

課題の分離

子供と親の「課題」を「分離」する

妊娠中からずっと一緒にいる子供を、母親である自分と切り離して考えるのは、なかなか難しいです。だからこそ、親子間でもアドラー心理学における「課題の分離」は大切なんじゃないかと思います。

子供の勉強を例に挙げます。勉強するかしないかは、子供の課題です。親はとって変われない。やりなさいと怒る親の中に「いい学校に進学させたい」「できる母親として認められたい」という気持ちがあるのなら、それは課題ではなく、支配や見栄です。

信じて見守るか、一緒に取り組むか

だからといって、子供の勉強に「我関せず」というわけにはいきませんよね。

上の場合、子供の勉強に関する対処法はふたつあります。
1.子どもを信じて任せる
2.親子共通の課題として、一緒に問題解決を目指す

勉強が習慣化していなかったり、つまづいていたりする子には、2の対処法がいいでしょう。

全ての人間関係を「横の関係」に

叱らないし、ほめない

アドラーは全ての人間関係を「横の関係」にする事を提唱しています。親子も例外ではなく、「叱る」はもちろん「ほめる」も主従関係に基づいた行為とみなし否定します。

「子供のクセに生意気だ」も「子供のわりにやるじゃん」も、両方上から目線で評価してるわけで、本質的には同じなのです。

親子を「横の関係」にして考えてみる

例えば子供が何か手伝ってくれた時、わたしの中で「ほめたい気持ち」と「やって当然だと思う気持ち」が入り混じる事があります。

そういった場面で、意識的に親子を横の関係、対等な人間として見てみる。すると「人に何かをしてもらったらありがとうと感謝する」という、シンプルな思考に立ち返ります。

自分を助けてくれた友達をほめたり、反対にそれが当然だと思ったりはしませんよね。親切にしてもらったら、相手が友達でも子供でも「ありがとう」でいいのです。

「横の関係」を「友達みたいな親子」と勘違いするのは問題ですが、少なくとも感謝に「縦の関係」は必要ないのです。

「アドラー心理学」育児に上手く活かしたい

この記事はアドラー心理学の断片的な拾い上げと、個人の解釈に過ぎません。興味のある方は関連書籍をお読みください。

心理学、哲学、〇〇学、△△論……子育てのメソッドは歴史の長いものから新しい物までいろいろです。わたしは、どれかひとつに傾倒するのがいいとは思いません。その時の自分に必要なエッセンスを都度選び、間違ったら軌道修正するだけです。

長くなりましたが、最後までお読みくださった方、ありがとうございます。怒っちゃうお母さんでも大丈夫!それが普通です。すごい人じゃなくていい、「普通であること」もまた勇気。それもアドラーの教えです。

○参考にした書籍…片見一郎・古賀史健「嫌われる勇気 自己啓発の源流アドラーの教え」

■この記事を書いたのは…山名美穂
文章大好き主婦ライター。小6男児の母。チャイルドコーチングアドバザー(R)。パーソナルコーチとして、子育て中のお母さんのコーチングも行っています。NLP、アドラー心理学も勉強中。

計算中

関連するキーワード