食いしん坊主婦がストレスなしに-10kgダイエットに成功したのは〇〇のおかげだった!

2020/11/25
  • ダイエットインストラクター。元大手学習塾教室長。ディズニーヲタク。5歳の息子を育てるママ。 もっと見る>>

-10kgのダイエットに成功した、運動苦手のダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターのけんママです。
私はとにかく食いしん坊で、美味しい物が大好き。量もたくさん食べます。そんな私がストレスなく-10kgのダイエットに成功したのには、あるコツがあります。

ダイエット=食べちゃダメ?

ダイエットをするとなると、やはり「食べちゃダメ」という感覚を持つ方が多いかと思います。消費カロリー以上に摂取カロリーが多ければ、当然ながら痩せることは出来ませんから、その感覚は至極真っ当です。ですが、「食べちゃダメ」=とにかく、お楽しみの物を全て制限する、となると、精神的に辛いものがあり、我慢の末に食欲が爆発、リバウンド…という悲しい末路を辿る危険性があります。
リバウンドに至らなかったとしても、心の健康は損なわれます。私も厳しい食事制限をしていた時はいつもイライラしていて、家族との食事も楽しめませんでした。せっかく痩せても、楽しめない日々では、何のためのダイエットかわかりません。

「スペシャル」のススメ

そこで、心の健康を保つためにオススメなのが、「スペシャル」を取り入れること。
ストレスなく過ごすために、毎日毎日、好きなように飲食していたら、ダイエットは不可能です。痩せる目的のためには、日々の食事は栄養バランスを考えながら、揚げ物を避ける、糖質の摂りすぎは控える、スイーツを食べない、などある程度管理していく必要があります。その管理をストイックに、毎日完璧な状態を目指していくと、心が壊れます。
ですから、ここは大らかに、1週間単位でバランスを取っていくのが良いです。今日は少し脂質が多い食事だったな、と思ったならば、翌日は低脂質を意識すれば良いのです。その中で、1週間に1回だけ自分の「スペシャル」を用意します。どうしても食べたいお店のスイーツ、楽しみにしていた友人との会食、お酒……人それぞれ、これだけは!という「スペシャル」があるはずです。その1回の目標に向けて、日々は節制する。これは頑張り甲斐があります。

私の場合は、1週間に1回は大好きなチーズとワインを楽しむということが多いです。
この「スペシャル」のために、日ごろは量を食べすぎたり、高カロリーな物を食べたりしないようにしています。

1日食べすぎたとしても、すぐに脂肪にはなりません。体重計に乗って体重が増えているのは、食べた物の重量、そして水分です。
「スペシャル」を過ごした後に、きちんと調整出来る習慣を付けることが出来れば、食を楽しみながらも痩せることが可能。メリハリある食生活をしていくことが、ストレスフリーなダイエットに繋がります。

心と体の健康を考えたダイエットで、楽しい毎日を!

この記事を書いたのは。。。けんママ
元学習塾教室長の運動苦手ダイエットインストラクター。-10kgのダイエットに成功。
5歳の息子を育てるママ。食育とダイエットを日々研究中♪

計算中