無理して筋トレは逆に太る!?-10kgダイエットの主婦の、夜の30分間にすること

2021/12/13
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

160㎝57kg→47kgのダイエットに成功したママダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターの渡邉有紀です。

毎日忙しいママたち!夜に30分間だけ、貴重な時間ができたら何をしますか?
ダイエットのためには、寝る間も惜しんで筋トレすべき?それ実は、痩せにくくなってしまう原因かもしれません。

今回は、痩せるための、30分の余暇の過ごし方についてお伝えします。

自分の時間、ありますか?

お仕事をしているママも、していないママも、日常生活の中に、自分の時間ってありますか?

ほとんどないという人が大半だと思います。

あったとしても、ほんの少しの隙間時間で、何もできない……
それが、ママの現実ではないでしょうか?

無理して筋トレは逆に太る!?

夜、お子さんが寝た後、家事も終わって、空いた時間に何をするのか?
それがダイエットにおいては、とても重要になってきます。

そう!当然、30分あったら、筋トレしますよね!

……その考え、ちょっと待って!
疲れているのに、やりたくないのに、でも痩せるためにやらなくちゃ。そんな気持ちで筋トレをしても、効果がないどころか、逆に太りやすくなってしまうかもしれません。

自律神経の働き

自律神経の働きを正常に整えることが、健康的なダイエットの第一歩。

起きて活動をしている時には、交感神経の働きが活発になり、就寝時には、副交感神経の働きが優位になる。これが、正しい体のリズムです。
ですが、寝る前に、無理やり激しい運動をすることで、交感神経が活発に働き、質の良い睡眠を妨げてしまう可能性もあります。

夜に運動したいのであれば、筋トレやHIITなどの激しい動きよりも、リラックスできるヨガやストレッチがおすすめです。筋肉は、伸ばす動きだけでも、血流が良くなり、ダイエット効果が期待できます。

ストレスはダイエットの敵

運動が好きな人なら、夜の隙間時間に運動をすることがリフレッシュになることもあるでしょう。
ですが、好きじゃないのに、疲れた状態で取り組むことは、大きなストレスになります。

ストレスもまた、自律神経の働きを悪くしてしまう原因のひとつです。
ストレスが、食べすぎにつながってしまうこともありますね。

ママのダイエットには癒しが必要

自分の時間がない中で、食事を制限したり、運動時間を取ったりすることは、とても負担がかかることです。

だからこそ、ママのダイエットには癒しが必要!
ちょっと自由になった夜の30分間くらいは、眉間にシワを寄せずに、癒される時間にしたいですよね。
質の良い睡眠が、毎日の健康を支えてくれます。

癒しの時間も、大切にして、健康的な体を手に入れましょう!

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
運動苦手のママダイエットインストラクター。サンキュ!STYLEライター。サンキュ!25周年専属読者モデル。
6歳の息子を育てるママ。元・大手学習塾教室長。-10kgのダイエットに成功し、日本ダイエット健康協会認定インストラクターの資格を取得。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中