ネガティブ主婦が、10kg痩せて、サンキュ!専属読者モデルに。これからの挑戦

2021/12/17
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

160㎝57kg→47kgのダイエットに成功したママダイエットインストラクターで、サンキュ!専属読者モデル、サンキュ!STYLEライターの渡邉有紀です。

2021年は、サンキュ!の専属読者モデルに選んでいただき、誌面に載る機会もあり、新しい挑戦がたくさんの1年になりました。
なぜ、私は読者モデルになろうと思ったのか。そして、来年の挑戦について書いてみようと思います。

読者モデルに応募した理由

「私なんか…」が口癖で、いつもネガティブに考えがちだった私。
-10kgのダイエットに成功したことで、自己肯定感が上がり、ダイエットインストラクターの資格も取得。
ご縁あって、サンキュ!STYLEライターとして、ダイエット記事も書かせていただくようになりました。

その活動の中で、ぶち当たった壁。
「私って、健康的なダイエットをもっと広めたいって言ってるわりに、地味じゃない?」
すてきな記事を書くライターさんたちの中で、埋もれている自分。それで満足してしまっている自分に、気が付きました。

もっと自分の発信するダイエットに興味を持ってもらいたい。

その手段として、専属読者モデルになるということを思いついたのです。
正直なところ、何度も応募するのをやめようかとも思ったのですが、挑戦しないで諦めることがイヤだったので、チャレンジしました。

ダイエットしなければ得られなかったもの

ダイエットに成功する前は、自分の容姿から何からすべてに自信がなくて、モデルをやりたいなんて、みじんも考えませんでした。

なんでも挑戦してみて、ダメならまた挑戦して……と失敗を恐れずに生きられるようになったのは、紛れもなく、ダイエットをしたおかげです。

ダイエット=とにかく体重を落とすこと、と考えがちですが、ダイエットは「心身共に健康でいられる自分」を手に入れるための手段であって、目的ではないのです。

モデル仲間のみんなと交流をしていると、いつも思います。

私の人生の中で、あのダイエットの成功がなかったら、こんなに外見も中身もキラキラした人たちと関わることはなかった。昔の私が、この中にいたら、恥ずかしくて、自己否定にはしって、落ち込んでいるな…。

私が、自分の考え方、生き方を変えることができたように、私の発信するダイエットによって、前向きになれる人がひとりでも多く、増えてほしいです。

健康を目指す、正しいダイエットには、その力があると思うのです。

2022年の挑戦

2022年の挑戦は、ダイエットインストラクターとして、さらに知識を深めて、発信する機会を得ること!

ママたちだけでなく、お子さんの健康も一緒に叶えるために、「食育」への学びももっと深めたいです。

発信に関しては、なかなか動画配信などには手を出せていないのですが、いろいろな発信方法にトライしてみます。もともと、学習塾で働いていたくらいに、喋ることは好きだし、大学生の時には、映像系のゼミにも所属していたので。

具体的な目標のひとつは、「サンキュ!ダイエット部」としてサンキュ!誌面に載ることです。

サンキュ!専属読者モデルに選ばれた時にも公言していますが、サンキュ!STYLEでダイエット記事を書いているライター仲間たちと一緒に、誌面を飾りたいです。

「ダイエットして、心身共に健康になる!」

その思いを共有してくれる人を増やせるように、私自身も日々アップデートしていきたいです。

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
運動苦手のママダイエットインストラクター。サンキュ!STYLEライター。サンキュ!25周年専属読者モデル。
6歳の息子を育てるママ。元・大手学習塾教室長。-10kgのダイエットに成功し、日本ダイエット健康協会認定インストラクターの資格を取得。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中