ゆる~いエコライフ!今すぐできるエコ活動

2020/10/17
  • セラピスト&事務職パートを掛け持ちする10歳の男の子ママ。自分にもできる地球に優しい暮らしを模索中! もっと見る>>

リラクゼーションセラピストと事務職のパートを掛け持ち中!小学5年生の男の子ママのサンキュ!STYLEライターのまるやまひろこです。

メディアでも話題になっているエコな生活。
始めてみたくても、難しそうと思って足踏みしている人も多いはず。
筆者もその一人でした。
そんな筆者でも出来たすぐに始められる、ちょっとエコな生活ができるアイテムを紹介します。

キッチン用品をエコなものに変えてみる

毎日家事をする主婦が一番よくいる場所といえば、キッチンですよね。
キッチンアイテムも洗って繰り返し使えるものがいろいろあります。
おすすめなのがシリコン製のジッパーパック。使い捨てのものだとゴミも増えてしまいますが、シリコン製のものなら何度も何度も洗って使えます。
少し値段が高いように感じますが、何度も使えるのでコスパも決して悪くありません。

筆者はキッチンスポンジもプラスチック製のものは辞めて、ヘチマやびわこふきんを代用しています。
一説によるとプラスチック製のスポンジは、細かいマイクロプラスチックを洗い物と一緒に流してしまっている可能性もあるともいわれているので、使い終わった後も自然に帰るようなものを代用するようにしています。

食品用のラップのかわりにミツロウラップやシリコンラップを使う事で、プラスチックごみを軽減することができます。

家族みんなで使うものも変えてみる

毎日使う日用品も変えるだけでゆる~いエコ活ができます。
すぐに変えることができるのが竹歯ブラシ。プラスチックを使っている部分をできるだけ少くした歯ブラシは、見た目もおしゃれでおすすめです。

家族が使う日用品もサスティナブルな商品を選ぶだけで、十分エコ活動。
おすすめなのは「eco store」です。
ニュージーランド発の環境に人に優しい商品、梱包も二酸化炭素排出量の削減に寄与する100%リサイクル可能なサトウキビ由来のプラスチック容器を採用しています。
パッケージもおしゃれですし、値段もそこまで高くないので継続して使える日用品です。

外出するときの持ち物もチェック

外出するときはエコバック持参、マイボトル持参するのだってエコ活動。
おすすめなのはステンレス製のマイストロー。100均でも購入できます。
エコなだけではなく、プラスチック製や紙製のストローよりドリンクが冷たくておいしく飲めます。
最近ではおしゃれなマイタンブラーも流行しているので、コーヒーショップに行くときは持参してみましょう。

環境にいい暮らしを!サスティナブルな生活を!といわれると難しく感じてしまいます。
筆者は、ゆる~くエコ、無理なくちょっと使ってるものを変えてみて、去年の自分と比べて、少しでもエコな暮らしができているだけでもいいと考えています。

そして何より、環境にいい家庭で使えるアイテムはおしゃれなアイテムが多い!
毎日使うアイテムをおしゃれにすることは、気分も上がり一石二鳥です。

この記事を書いたのは・・・まるやまひろこ
4歳年上の夫と、ディズニー大好き!プーさん大好き!な小学5年生の息子と3人暮らし。
普段はリラクゼーションセラピストとして日々奮闘中!5月から事務の仕事も始めました。

計算中