やめて良かった!フルタイムワーママが【やめて楽になった料理家事】3選はコレ!

2020/09/23
  • 節約料理研究家。子供3人フルタイム勤務。節約料理・やりくりでは多数の賞を受賞しています。 もっと見る>>

こんにちは。
3人子持ち・フルタイムワーキングマザーでいつもバタバタしている、【サンキュ!STYLEライター】の中島 愛(なかしま いつみ)です。

仕事から帰宅し、大急ぎで晩ごはんを作る毎日…。
今回は時短になるためにやめてみて、『良かった!』と思った料理家事3選をご紹介します。

魚焼きグリル、使うのやめた!

システムキッチンに付いている【魚焼きグリル】。
楽で綺麗に焼けますが、後片付けが大変…。
でも魚は大好きなので、食べたい!

そう思って今使っているものがこちら。

たくさん使ってチタンコーティングが剥がれてしまったフライパン。
こちらにクッキングシートをひいて魚を焼いています。

こちらにしてから【こびりつかない・洗うことがとにかく楽】なんです。
クッキングシートごと食卓に出し、最後は骨などを包んで捨てます。

時短で後片付けまで楽になり、嬉しい事ばかり。
『焼魚』自体が超時短な一品なので、その後も簡単なんて本当にありがたいですよね!

揚げること、やめた!

たっぷりの油で揚げものをすること、やめました。

ここでも活躍しているのが先ほどのフライパン。
こちらで少し多めの油で揚げ焼きにし、最後に少し残った油はキッチンペーパーで拭き取って捨てています。

油も少量ですみ、片付けも楽。もちろん油ポットも要らない。
そしてカロリー減にもなり、いいことだらけです!

魚・揚げ焼き専用のフライパン。ある意味、我が家の【神商品】かも…。

野菜茹でるの、やめた!

鍋でお湯を沸かし、茹でてザルにあげる…。という工程、やめました。

煮込み料理は別ですが、平日に作るお味噌汁の具材や茹で野菜などはレンジで火を通しています。

ポテトサラダやカボチャペーストなど、型くずれしても大丈夫なものはラップで。
その他のものは耐熱容器で。

お湯もわかさない、ほったらかしでできて時短にもなる、そして洗い物も減りました!

毎日の晩ごはん、少しでも短時間で作れたら嬉しいですよね。
やめられる家事は遠慮なくやめて、忙しい夕方から夜の時間を有効に使いましょう!

【やめて良かった料理家事】、良かったら参考にしてくださいね。

◆記事を書いたのは…中島 愛
フルタイムで働く3人の子供のママ。料理・時短家事・家計のやりくりで多数の賞を受賞。
『家族が癒される家作りを大切に』家族が幸せになる『節約しても豊かな暮らし』を実践しながらライフスタイル提案をしています。

Instagramでは、日々の節約献立を中心に、材料・価格も詳しく載せています!

計算中