白い耐熱皿に盛り付けられたレンチンなストマベーコンのチーズ焼き

レンジで5分【なストマベーコンチーズ焼き】切って並べてレンチンするだけの簡単おかずレシピ

2024/07/06
  • 料理研究家。調理師、食育インストラクター。「家族が喜ぶ、何度も使える料理」が習える料理教室主宰。 。もっと見る>>

こんにちは!すぐ作ってみたくなる楽旨レシピを発信している、料理研究家の馬原香織です。

暑い時期はできるだけ火を使わずに料理できると嬉しいですよね。
そこで今回は、レンジで5分加熱するだけ!でできる、おすすめの副菜レシピをご紹介します。

美味しく食べるコツは、加熱後2~3分そのまま置いて蒸らすこと。そして、トマトから出る旨味スープをなすに吸わせることです。

なすやトマトのジューシーさが引き立つひと品、作ってみませんか?
早速、詳しい作り方を見ていきましょう!

なすトマベーコンチーズ焼きの材料

なすトマベーコンチーズ焼きの主材料を並べた様子

【3~4人分】
●なす・・・2本
●トマト(中)・・・1個
●ハーフベーコン・・・4枚
●ピザ用チーズ・・・30g
●コンソメ・・・小さじ1/2
○粗びき黒胡椒・・・適量(あれば)
○刻みパセリ・・・適量(あれば)

なすトマベーコンチーズ焼きの作り方

1.材料を切る

なすとトマトを切った様子

なすは、縦半分に切ってから8mm~1cm幅の半月切りにします。トマトも同じくらいの大きさになるように切ります。
なすが厚すぎたり大きすぎたりすると、レンジ加熱で火が通りにくいため、小さめに切っておくとよいです。

ベーコンも1cm幅程度に切っておきます。

2.耐熱皿に並べる

耐熱皿になす、トマトを並べ、コンソメを振りかける様子

耐熱皿に、なす→トマトの順に並べ、コンソメを振りかけます。

なすにトマトやその他の食材の旨みを吸わせるため、一番底になすを並べます。

耐熱皿に、なす、トマト、コンソメ、ベーコン、チーズを入れた様子

さらに、ベーコン→チーズの順に重ねてのせていきます。

3.ラップをかぶせて、レンジで加熱する

耐熱皿にラップをかぶせて、レンジに入れた様子

ラップをふんわりかぶせて、レンジ600Wで5分加熱します。
皿の大きさによって加熱時間が多少前後するので、加熱がなりない場合は様子を見て20~30秒ずつ追加します。

4.2分蒸らしてできあがり!

なすトマベーコンチーズ焼きが完成した様子

ラップをかぶせたまま、2分置いて蒸らします。

お好みで、粗びき黒胡椒や刻んだパセリを振りかけてできあがり!
食べる時は、トマトから出た汁ごと、スプーンですくって食べるのがおすすめです。汁に旨味があります。

スプーンで汁ごと食べて!

なすトマベーコンチーズ焼きをスプーンですくっている様子

全部の具材を、スプーンですくって食べると美味しいです。
特に、コンソメやトマトの旨味が凝縮している汁を、なすに吸わせて食べるのがおすすめ。
なすを油で炒めたり焼いたりしていない分、ヘルシーに仕上がりますよ。

ベーコンやチーズは使うけれど、野菜たっぷりでさっぱりした味わいです。
ぜひ作ってみてくださいね。

記事を書いたのは・・・馬原香織(まはらかおり)
料理研究家。調理師&食育インストラクター。中学生男子2人のママ。料理教室を主宰しつつ、料理ライターとして日々料理記事を執筆中。「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」をテーマに、みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中