【コメダ珈琲】味もボリュームも裏切らない!冬季限定グラクロをレポート

2020/11/29
  • 整理収納アドバイザー。7歳・13歳の歳の差ボーイズママ。食べることが好き、コンビニレビューも書きます。もっと見る>>

最近、コメダ珈琲を利用する回数がグッと増えたサンキュ!STYLEライターのたろこです。もともと他人の視界があまり気にならないような店内レイアウトに加え、席数を減らすなど、コロナ禍のソーシャルディスタンスを意識した対策もしっかりしてくれているので、家ではモヤモヤして勉強が進まないときに自分の中で比較的安心して行けるのがコメダ珈琲だと思っています。

さて、そんなコメダ珈琲の冬の定番「グラクロ」が今年も始まりました。早速レポートしたいと思います。

コメダ珈琲店【グラクロ】は冬の定番メニュー

価格は、税込580円~610円 。価格は店舗により異なるそうです。私がよく利用している店舗では580円でした。ハンバーガー系にしては少しお高いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、画像をご覧ください。片手でなんとか持てるくらいのこのボリュームを。そう、コメダ珈琲店のハンバーガーは大きくてボリューム満点なんですよ。

さて、昔からの冬の定番、グラ〇ロと言われると頭に浮かぶのはマクドナルドのグラコロではないでしょうか。ですから、最初メニュー表を拝見したときに、グラクロ?と思いましたが、

コメダ珈琲店の冬の定番は【グラクロ】であっています
グラタンクロケットバーガーの略です

クロケットとは、小さな丸い揚げ物料理である。

コロッケと何が違うのか疑問に思ったあなた、コロッケは西洋料理のクロケットを模倣した日本の洋食の一つだそうですよ。私は、コロッケは日本の料理だということを今初めて知りました。

4種のチーズと生クリームを使用した濃厚なホワイトソース

グラクロには4種のチーズ(ゴーダ、モッツァレラ、チェダー、パルメザン)と北海道産生クリームが使用されています

トロトロなチーズにポッテリとしたホワイトソース、そこにコメダ特製のドミグラスソースが絡むことで濃厚、かつ高級感のある味に仕上がっています。その濃厚さを下でどっこいしょと受け止めるのがシャキシャキの千切りキャベツです。美味しいに決まっています。高級感があるけれど、なぜか懐かしい、そんな気分にさせてくれますよ。

ふわふわバンズは自家製

そしてそれを挟むのがコメダ自社製のふわふわバンズ。

何度も同じことを繰り返してすみませんが、コメダ珈琲店のフードはどれを選んでもボリュームがあります。フィッシュバーガーなどバーガー類を注文するときには、伝えれば半分、もしくは四等分に事前にカットしてくれるのですが、グラクロはカットするとホワイトソースが垂れてしまうという理由で断られてしまいました。もしかしたら店舗によるかもしれませんが。

どうにか断面をお見せできないかとお店でナイフをお借りして切ってみましたが、やはり潰れてしまい上手に切れませんでした。

ご注文された際には、どうぞそのまま大きな口でかぶりつき、ふわふわバンズとサクトログラタンクロケット、シャキシャキキャベツ、それぞれ違う食感の融合も存分に楽しんでください。

「グラクロ」は全国のコメダ珈琲店で2021年3月上旬までの提供を予定しています。販売されていない店舗も一部ですがあるそうなのでご注意ください。

◆記事を書いたのは・・・たろこ
整理収納アドバイザーであり、小1と中1、歳の差ボーイズのママ。最近コメダ珈琲店へよく行きます。観察眼には定評のある、自称サンキュ界隈のメンタリスト。

コメダ珈琲店のフィッシュバーガーもおススメです。

計算中