安全?快適?「映画館の新様式」は今こうなっている

2020/08/30
  • 旅を通して子は育つ!旅育推奨のおでかけライター。8歳女の子と5歳男の子、0歳女の子の3児のママです。もっと見る>>

こんにちは。「旅育」推奨ライターのひいろあいこです。
先日久しぶりに映画館へ行ってきました。コロナ前は何の心配もなく身近なレジャーとして訪れていた映画館。コロナ禍で、密閉空間の映画館ってちょっと心配と思われている方も多いかなと思います。
劇場側もしっかりと感染対策を取って運営されていました。来場する私たちができることは?コロナ禍で変わる映画館の新様式についてレポートしてみたいと思います。

withコロナ 変わる映画館の新様式

コロナ禍におき、映画館も新様式へと変化しています。
当たり前ですが劇場は感染対策をしっかり取られての運営をされていました。訪れてみて劇場の対策をお伝えいたします。

◾︎ソーシャルディスタンスの確保

一番変わったことといえば、座席のソーシャルディスタンスの確保。前後左右1席づつ空けての鑑賞となります。
家族同士、友達同士離れての鑑賞って寂しくないかな?と初めは思いましたが、広々ゆったり、かなり快適でした。

売店の列や劇場外のソファなどにもソーシャルディスタンスを保つよう貼り紙などの工夫がされていました。

◾︎来場者の検温の実施とマスク着用の案内

来場者は全て検温をしてから劇場内へ入るようになります。ユナイテッド・シネマでは入り口ではなく、劇場に入る前のチケットチェックの際に一人づつ劇場スタッフが検温をしていました。熱のある方は劇場内へは入れません。また、マスクも着用も呼びかけられています。

◾︎消毒や換気の徹底

映画館は窓がないので密閉された空間のように感じますが、感染症が起きないよう定期的な換気が義務付けられています。入れ替え時の座席などの消毒や、来場者向けの消毒液の設置もされていました。
※専門的になるのでここでは記載しませんが、定期的な換気の基準などはホームページに記載されています。

私たちができること

上記に記載したように、劇場側は感染防止に取り組み、運営をしています。映画館に限ったことではありませんが、安心安全に楽しむために、私たちもマナーを守って楽しみたいですね。
私の感じたことと、館内に貼ってあったポスターから抜粋します。

◾︎チケットは事前予約がおすすめ

現在大手シネコンではほとんどのところでチケットの事前予約が可能です。チケットカウンターに並ばなくてもいいよう事前予約がおすすめです。事前に好きな席も選べるので便利ですしね。

◾︎なるべく映画の上映時間に合わせて行く

早めに着いてロビーでゆっくりとしたいところですが、上映時間に合わせて劇場に入るようにすると、ロビーが蜜にならずに済むと思います。もちろんお手洗いなどある程度の余裕は持ってくださいね。

◾︎売店などは距離を保って並ぶ

売店には距離を空けて並ぶようマークが貼られていました。他人とのソーシャルディスタンスは意識しましょう。

◾︎飲食中以外はマクス着用、鑑賞は静かに

きちんと換気がされていて、他人ともソーシャルディスタンスが保たれている劇場ですが、私たちができることとして飲食中以外はなるべくマスクは着用しましょう。

マナーを守って映画鑑賞を楽しもう

映画はこれからしばらく「新様式」が常識へと変わってくるかも知れません。サブスクの流行でおうちでも簡単に映画を楽しめるようになりましたが、やはり劇場の大画面で観る臨場感に勝るものはありません。マナーを守って安心安全に映画を楽しめるといいですね。

私が行ったのはユナイテッド・シネマですが、各シネコンも同様のことを行っているようですので、気になった方は、事前に感染防止対策を確認してから利用してください。

計算中