スポーツを頑張る子供へ!秋の少年野球弁当(練習日編)

2020/11/10
  • メディカルハーブコーディネーター&スポーツフードアドバイザー。小5野球少年と小2野球少女の母。もっと見る>>

こんにちは。スポーツフードアドバイザーでサンキュ!STYLEライターのあおきゆみこです。
我が家の子供たちは運動が大好きな野球少年&野球少女。現在、秋の大会シーズンで親子ともども大忙しの週末を過ごしています。
以前、夏場の少年野球弁当や補食についてご紹介しましたが、今回は少し肌寒くなってきた秋におすすめの少年野球弁当(練習日編)をご紹介します。

練習日は丼スタイル弁当+旬のフルーツ

10月3日はハンバーグ&目玉焼き弁当+梨

気温が下がってきたことや、息子が温かいごはんが好きということもあり、練習日は保温弁当箱を使っています。そして、涼しくなるとランニングなどの練習量も増えてくるので、トレーニングで疲れた状態で食事に入ることを考え、温かくて食べやすい「丼スタイル」のお弁当にしています。そして、秋は美味しいフルーツがいろいろと旬を迎えるので、糖分やビタミンなどの補給も兼ねてフルーツを1品プラスしています。

私は自分が疲れている時は無理をせず、市販のお惣菜を使うこともあります。最近はコンビニエンスストア各社がいろいろと美味しいお惣菜商品を販売しているので、そういった商品を利用することもあります。
写真のお弁当に使ったハンバーグは、ファミリーマートのお母さん食堂の「デミグラスソースのハンバーグステーキ」です(税込み198円)。息子(小学5年)は、量にも味にも満足していました。娘(小学2年)は1/2カットで詰め、ちょうど良い量だったようです。

寒い日はあたため食材やビタミンCをプラス

10月17日は温か中華丼+みかん(ゼリーは補食や物足りなかったとき用)

10月は雨で練習が中止になる日もあり、週末はお天気がいまいちで日中が寒い日も多かったように思います。10月17日は雨で娘は練習お休みだったのですが、息子は練習ありということで体が温まるよう、すりおろし生姜を少し多めに入れてポカポカ狙いの中華丼にしました。そして風邪をひかないよう、みかんでビタミンCをプラス。

トレーニング量が増える季節は疲労回復食材もお忘れなく

10月24日は麻婆豆腐丼+りんご

子供たちが大好きな麻婆豆腐丼も月1ペースくらいでメニューに入れています。夕食で出す麻婆豆腐とは異なり、お弁当で麻婆豆腐丼にするときは、疲労回復を狙った野菜をプラスするようにしています。写真の時は、ニラをプラスしました。ニラに含まれるアリシンは、豚肉などに含まれるビタミンB1と結びつき吸収をサポートすることで疲労回復に役立つと言われているのでこの組み合わせに。
この他、筋力アップや疲労回復をサポートすると言われる成分のオルニチンを含むシメジなどのキノコ類をプラスすることもあります。

8月に夏の少年野球弁当についてご紹介しましたが、今回は涼しくなった秋の少年野球弁当をご紹介しました。日中の最高気温も20℃前後となり、お弁当の保管もしやすい時期になりました。秋はいろいろな食材が旬を迎えるので、旬の食材を取り入れたメニューでお弁当作りを楽しみながら、子供たちをサポートしてあげたいなと思います。

記事を書いたのは…あおきゆみこ
メディカルハーブコーディネーター&スポーツフードアドバイザー。育ち盛りの小5野球少年と小2野球少女の母

毎週末の少年野球弁当をInstagramでも公開中です!

計算中

関連するキーワード