普段靴でも対応できた!子どもの雨の日対策2選

2022/05/27
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

シンプルでストレスフリーな暮らしを目指す、サンキュ!STYLEプレミアライターのシンプリストうたです。

雨の日対策で定番なのが「レインブーツ」ですが、普段履きなれない靴のため、子どもが靴ずれをおこすこともありました。

そこで、履きやすい普段靴のスニーカーで、雨の日対策をしてみることにしました。

1.防水スニーカーを選ぶ

1つ目は、「防水スニーカー」を選ぶことです。
瞬足シリーズであればワイド設計の防水スニーカーもあり、幅広サイズが必須条件の息子にもピッタリ合いました。

防水スニーカーといっても、履き心地は普段のスニーカーと変わらずなので、使い分ける必要もありません。普段靴として晴れの日も履いていっています。

こちらは完全防水ではありませんが、よほどの土砂降りでなければ侵入してくることはありませんでした。
お気に入りの防水スニーカーが見つかればラッキーです。

2.防水スプレー

娘の気に入ったデザインは防水仕様ではなかったため、防水スプレーで対応しました。
防水スプレーは、ホームセンターや靴屋さん、ネット通販などでも幅広く取り扱っています。

完全防水ではなくあくまで撥水加工なので、シャワーを10秒ほど直接当てると中までさすがに染み込んできましたが、小雨程度であれば侵入を防げそうです。

傘やレインコートにも効果を発揮するので、セットでスプレーしてみて下さいね。

これは試してみる価値あり

こちらはどちらも完全防水ではないため、水たまりに入ってしまう年齢の子だとやはりレインブーツの方が安心かなといったところです。

レインブーツが合わなくなったり、子どもが嫌がる年齢になったら、普段靴で試してみる価値ありです。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中