コンビニ用の小エコバッグは必要ない3つの理由

2020/07/07
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子供がいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

こんにちは!68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

大きなエコバッグは今後のメイン買い物に必要だと判断して追加購入しましたが、コンビニ用等の小サイズのエコバッグは買わない選択をしました。

小サイズのエコバッグを買う必要がない3つの理由を述べたいと思います。

1.そもそも手さげが家にあるから

我が家には大中小の手さげがあります。
更に幼稚園の制作でプレゼントしてもらった手さげもサイズ感が絶妙に良く、最近仲間入りを果たしました。

普段のちょっとした用事には手さげの方が身軽です。
そして、ちょい買いであれば、普段持ち歩いている小サイズか中サイズの手さげで事足ります。

今までも、手さげに入る量であればレジ袋を断る生活をしていたので、
今後も大きな不便を感じず暮らせそうなのが理由です。

手さげとエコバッグを切り離して考える方が私にとっては複雑で、手さげとは別に常にエコバッグも持ち歩く生活は難しいかもしれません。

2.リュックがメインバッグだから

手さげ以外の買い物の時はリュックを背負うことが多いです。
そしてわざわざエコバッグを使わずとも、リュックにそのまま商品を入れた方が早いのです。

自転車での買い物なので、ちょい買い程度ならリュックに入れてしまった方が落下防止や防犯的にも安心感があります。

3.いずれ貰う時がくると思うから

これだけエコバッグ需要が高まっていると、小サイズの薄い素材のエコバッグであれば、わざわざ買わずとも粗品や景品等、何らかの機会に貰う時がくるであろうと予測しています。

私自身がもらう機会がなくても、人付き合いが盛んな実家はその対象になりやすいです。

あったらあったで使いそうなエコバッグですが、たとえ安価なエコバッグであってもいずれ同じようなレベルのものをいつか貰うかも、と思えば買う気は起こりませんでした。

最後に

今後も、手持ちの手さげやリュックをエコバッグ代わりとして使う事になりそうです。
ちょい買いであれば、わざわざ分ける必要がないと判断しました。

また、ショッピングの時の紙袋やビニール袋を溜め込んでいたりしていないでしょうか。
使われず保管されたままであるのなら、ちょい買いのエコバッグとして二次利用するのも良さそうです。

家の整理も兼ねて、エコバッグとして使えそうなものはないか探してみてはいかがでしょうか。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

計算中