創造的なポストテキストのアイデアの上に考えるかなり波状の女性の写真は、横の空のスペースを見て、黄色のシャツのズボンを孤立した青い色の背景を着用

「つき合う人」と「欲しい情報」は自分で選ぶ【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/02/07
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。若い頃には感じなかったこと・わからなかった気づきを書いております。

その情報はあなたが欲している物?

 

 情報だけなら、今は、いくらでも得ることができます。でもそれが、本当に自分の必要としているものなのかと訊かれたらどうでしょう。ある人は、せっかくのお休み、SNSで芸能人のゴシップネタを読むことで使ってしまい、終わってから「だから何なの!?」と自分で自分に突っ込んだと笑っていました。感じることはあるのでしょうし、一つの話のタネにはなるかもしれないけれど、ご自分がその時間をもったいないと思うのならば、少し違ったのでしょう。

自分は どんな情報が欲しいのだろう

 

 また、色々調べて情報は増えたけれど、どれを信じ・選べばいいのかがわからない。自分の身の丈にあった情報ではない。逆に、物足りない。身近な人たちと話してはみたものの、興味のあることが違い過ぎてついていけないということも。私自身は、“ついて行けなさ”もまた、刺激や新しいことに興味を持つきっかけになるので、苦手ではない方ですが、かけ離れていることに、心地の悪さだけが残る方もいるかもしれません。


自宅でソファに座っている友人に耳を傾けるうらやましい女の子
Prostock-Studio/gettyimages

どんな人とつき合いたい?

 

 例えばある人が、旅行、本、音楽、おいしいものや素敵なお店のこと、身近な体験談、笑える話や役に立つ話を『したい・聴きたい』のに、相手は“会うたび”、家族の愚痴や悪口、職場での嫌だったことやもめごとの話をしたらどうでしょう。なんだか、ただただ疲れてしまいそうです。(とはいえ、愚痴や不平不満は吐き出すことで元気になることもありますから、すべてがマイナスではないですよね。でも聞く方は、毎度毎度ではキツイかも……)

つき合う人や情報は自分で選ぶことができる



 身近な人や情報は限られていて、”その人たちとつき合うしかない”と思っているのであれば、考え方を変えてもいいのかもしれません。私たちは、自分で選ぶことができます。SNSで、自分の足で、人を介して、時にいつもの場所から距離をおくことで……。関係性を探し、自ら作っていけば、これまでとは違う人や情報との出会いが生まれることもあります。

カフェでコーヒータイムを楽しんでいる2人の陽気な女性。
Drazen Zigic/gettyimages

自分も選ばれる側であることを認識する



 自分自身が有意義な時間を過ごす。必要な情報をいただく、楽しい気持ちになる。また、人と心地よい関係を築くためには、その時その時、こちらからつきあう人を選んでいくことも必要なのかもしれません。と同時に、こちら側も相手に選ばれる対象なのですから「情報と思いやり・感謝の気持ちを持つ」「ともに楽しめる人になる」など、必要なことを身につけておきたいなと思っています。





この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。


計算中

関連するキーワード