激怒したビジネスマン

なんでも自分と結びつけない【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/02/12
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。24歳と20歳、二人の娘の子育て経験と、カウンセラーとして心の勉強から学んだこと、お客様とのお話を通じて感じたことを書いております。

「なぜか怒鳴られる」の巻



 入り口が数か所ある駐車場での出来事。別の入り口から、私より先に車が入ってきました。その車が駐車するのを待って移動しようと思っていると、車の窓が開き、運転手が何やら怒鳴っています。しかも、しかめ面。こちらも窓を開けると『邪魔なんだよどけ!』と。「どういうこと?」と思っていたら、その方は、駐車場を通り抜けたかった様子。それなのに、出たい方向からやってきた我が家の車は邪魔なわけです。



新しい術を得て 腹が立たなくなる



 以前の私だったら、「なんで怒鳴られなきゃいけないの?」「私が悪い?」と腹を立てていたと思います。でも今は、そういう人も居るか……と思うだけではなく、もう一つ、新しい術(すべ)を身につけました。それは、相手の不機嫌の理由を、自分に結び付けないことです。これが、とっても楽なのです。

きれいなかわいい魅力的な愛きょうのある素敵な面白い陽気な陽気な女の子の理由を知っているいないを示す肖像画何人ピンクのパステル調の背景を考えジェスチャー分離ないとき
Deagreez/gettyimages

相手には 見えない事情がある



 こうしてたまたま出会う方たちには、こちらに理解できない考えがあります。見えない心や出来事があるのです。私はその時、こう考えました。『あのおじさま、奥さんとケンカ中なのかも』。妄想でも、なんだかくすっと笑えます。『会社で言われたくないことでも言われちゃった?』『トラブルでお急ぎかな』。……そう考えると、優しい気持ちにもなりますし、ご機嫌斜めでも仕方がないと思えてくるから不思議です。





相手の機嫌に振り回されない・巻き込まれない



 家でも同じです。夫や子どもたちの不機嫌を、そのたびに自分と結び付けない方が、気持ち的には楽チンなのです。彼らには彼らの体調があり、ホルモンバランス、気がかりなことがあります。同じように私にもあります。「今日はご機嫌が冴えないのね」「お疲れのご様子」「触らぬ神に祟りなし」という感じです。相手の機嫌に振り回されず、巻き込まれず、自分はご機嫌で過ごすのです。






この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード