オフィスの机に座っているラップトップで働く手で顔を覆う頭痛を持つ現代の美しい疲れたビジネスウーマンの肖像画。過労時間、バーンアウトコンセプト。

ちょうどよく痩せる時期がやってきたと考える【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/02/18
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>


こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。こんな考え方をする人は少ないと思うので、あえて書いてみようと……いうのが今回の話。


色々なことが起こって辛い時がある



 人からどう見えているのかはわかりませんが、私のこれまでは、平和と困ったことやつらい時期が繰り返されて、今に至ります。山あり谷ありです。
『すごく平穏 → どうしてこんなことをしてしまったんだろう → やっと落ち着いた → こんな目に遭うなんて信じられない → あ~幸せ → もう!勘弁してくれ → あそこからの復活は我ながらすごい → またまた予想外のことが……』みたいな。


影響を受ける我が体型



 それに単純に影響されるのが、自らの体形です。平和な時は、特に食べすぎている感も無いのですが、体にお肉がつきやすくなります。幸せ太りって、こういう事なんだなと実感します。
 一方痩せるのは、必死に体を動かしたり食事制限をしたりするよりも、何か困った出来事が起きた時です。頭や心が必死に動くからでしょうか、体調に気をつけて、飲んでも食べても寝ても、どんどん体力を消耗しました。

幸せな笑顔の女性に体重計
RyanKing999/gettyimages

発想の転換というチャンスをいただく



 ですから、トラブルや考える必要のあることが起こった時には、気持ち的には辛くても、体としては自然にダイエットをしている感じでスッキリします。特別どこかに通うでもなく、買うでも、時間をかけるのでもないから、お得感満載です。そう思わせてくれたのは、ある友のひと言。やたらと痩せて「どうした!?」と心配されていた時、彼女だけは『大丈夫。そのうち戻るから。今は好きなものを遠慮なく食べられる時期と楽しめばいいよ』と。

悪いことの中にもあるプチいいこと



 それから数年後、彼女の言葉通り、私の体重は難なく戻っておりました。戻っただけではなく、元を越しそうな勢い(汗)
 するとまた「やめて~」という出来事がやってくる。正直もう、困ったことやトラブルはイヤなのです……と思ってはいるものの、生きている限りそうはいかない。そこで、起きたことは残念。でも『ちょうどよく痩せる時期がやってきましたね』と、我が体型に関してだけは、プラスに考えることにしています。







この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード