スマートフォンを手に泣いている女性

あの時と この時が違うだけ【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/03/03
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 

こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。今この年齢になって、認識できることを書いております。

「どうして私だけ?」と苦しかった時

 

 自分にトラブルや困ったことがあると、つい「どうして私だけ?」「こんな気持ちを味合わないといけないの?」と思ったりしませんか。私は、何度か思ったことがあります。そこから抜け出す方法が見つからないと、時には、自ら底なし沼に入っていくように、ドロドロした気持ちにまみれて、抜け出せなくなったものです。

 

『自分だけ』ではなかった



  この年齢になり、良いも悪いも、多少なりとも経験を積んできたということもありますし、学びを得てカウンセラーとなり、多くの方のお話をうかがわせていただいて感じることがあります。それは、『自分だけではなかった』ですし、これからも『自分だけではない』ということです。



気候変動の概念。
NirutiStock/gettyimages

ただ 知らなかっただけ



 災害、事故、ご病気、家族や親戚内での人には言えないトラブル等、身に起こることの内容に違いはあるでしょう。ただ、自分が何気ない日常を送っている(送ってきた)同じ時間、どこかでは、そうではない日々を送っていた方たちがいるのです。私たちは、その時、知らなかっただけ。関心を示さなかっただけなのですよね。

同じ時間の中で 起きる時期が異なるだけ



  一方私たちが、自分だけ辛い・苦しいと思っている裏側で、あの時大変だった方たちに、少しだけ心穏やかな日々が戻っている。やっと日常を送ることができるようになった。でも、自分が落ち込んでいると、その方たちには、幸せしかなかったように見えるのです。シンプルにそのことを、心に留めておきたいなと思っています。





この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード