紙の家族の切り抜き、家族の家、養子縁組、里親養育、ホームレス支援、家族の精神的健康、自閉症支援、家庭内暴力の概念を持つ大人と子供の手

家族に伝えることは伝える【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/03/10
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。今この年齢になっての気づきと認識できることを書いております。

誰にでも知らないことがある

 

私自身、『できれば家族仲良く、余計なことは言わず、家族それぞれの選択を尊重だけして過ごすことができれば』楽なのだろうと思います。でも実際は、わたしたち大人でも、興味を持たなければ知ることのできないことが、山のようにあります。時に、頭に靄(もや)がかかったり、何かから逃げ出したくなる。あることに夢中になりすぎてわけがわからなくなるなど、判断力が鈍ることがあるのです。

分けてもらう経験や知識もある

 

 そんな時、誰か……例えば、知り合いやお友だち、人生の先輩たちから、経験談をうかがって「そうかもしれない」と気がつく。「そういう考え方もあるのかもしれないい」と、きっかけをいただくことも。相手からの質問に、ハッとすることや、知識を分けていただくことがあります。また経験が浅くても、現代を生きる時に必要な新たな考え方や感覚を、若い方や子どもたちから教わることもあるのです。



心理的支援を与える手をつないで話す異なる世代の女性
fizkes/gettyimages

聞いたことがないことや知らないことには反発心が生まれる



 いつ・誰の・どんな言葉や考えが誰に作用するのかはわかりません。だからこそ、せめて家族の大切な時には、私自身が悪者になっても、伝えた方が良いだろうこと【妄想ではなく、現実・経験や知識】は、伝えておこうと思っています。もちろん、すぐに「そうだね」と思うことは少ないでしょう。「うるさい」「わかってくれていない」「なぜそんなことを言うの?」と反発心が生まれ、関係性が悪くなったり、怒りで満たされることはあると思います。

大切な人だからこそ伝えたいことがある

 

 それでも私にとって、家族は大切なひとたちです。その一時(いっとき)嫌な人だと思われたとしても、知っていることは伝えておきたい。最後の判断はその人がするからこそ、「言ってくれればよかったのに」「だって知らなかったんだもん」を減らすことが目的です。”経験してからしかわからないこと”もあるけれど、持っている知識は分け合えたらいいなと思っています。



愛するアフリカの里親シングルマザーは十代の娘を抱きしめる
fizkes/gettyimages



この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。


計算中

関連するキーワード