手描きのオレンジ色の形のハートは、日没の街の泥ガラス濡れたオレンジ色の窓にテキストのための太陽のような形のハート

すぐには気がつかないこと・いつかわかることがある【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/03/29
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 

40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。若い頃には感じなかったこと・わからなかった気づきを書いております。

プラスのように見えることが……



 昇進・栄転・結婚・出産・入学・卒業・進級・新居購入など、周囲からしてみれば、いいこと・幸せなことのように見えることが、必ずしも、その方のプラスになるとは限りません。そのことをきっかけに、トラブルが生じる、時に心身の調子を崩すことがあります。

マイナスのように見えることが……



 一方、降格・希望していない転勤や部署移動・転居・別居・離別・病気・留年・不合格などは、その時には本当に辛い。その方やご家族にしかわからない大変さや悔しさがあります。ところが、数か月後、数年後、思わぬ反応を伺うことがあります。あの時には想像できなかったけれど、今になって思うと……悪いことばかりでもなかったとか、それをチャンスやバネ、経験にして、生活や気持ちを入れ変えることができたとおっしゃる方もいます。





悲しい女性は幸せで自由になります。
kieferpix/gettyimages

のちのち……までは 誰にもわからない



 もちろん、プラスはプラスのままのこともありますし、辛さはいつまでたっても辛いまま、傷は癒されないということも大いにありますから、あれもこれもというわけではありません。ただ、今、目の前で起こっていることや感じていることだけが、全てではないのかもしれません。それが、のちのちどう作用するかは、誰にもわからないのです。

わかるようになるには 年月はかかるもの

 

 例えば、私と娘たちの意見が、ぶつかることがあります。私が言うこと、することの中には、今の彼女たちに理解できないことがたくさんあることでしょう。自分自身を振り返っても、あの頃の、親の年齢に近づいてやっとわかること・理解できることがあるように、彼女たちも、何かに気がつくのはずっと先なのだと思います。他にも、”経験を通して”しかわからないことがありますから、年月はかかるのだと思います。

笑顔の絵文字アイコンが顔を変える手は木製の立方体の上に、ハッピーシンボルには不幸な回転を手で反転
picture/gettyimages

結果は……やっぱりわからない



  時々、母に話すことがあります。「こういうことがあったのよ。私はこう言うでしょ。そうすると、娘たちはこう言うのよ~」と……。孫たちのことが大・大・大好きな母ですが、それでも彼女の返答は『まぁ、彼女たちも、いつかわかる時が来るわよ。言われてよかった、気がつかなかったな~って思うことがあると思うよ』。

 いやいや、でもやっぱりわかりません。「今考えても、私たち(娘たち)の方が正しかったわよね。ママはいつもわけのわからないことばかり言って、ホント大変だったよ……」なんて言われていたりして(汗)。






この記事を書いたのは……若松美穂:埼玉在住・宮城県出身・48歳
            【心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイスト】
対面に加え、ZOOMで全国の方と心理学講座・お話聴きます・カラーセラピーを開催中。
「お茶会」という名の全国でのおしゃべり会は、お休み中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てにひと段落した今だからこその情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード