買い物の女性

173㎝の私が無駄買いを失くすため ”欠かさず”すること【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2021/04/03
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。若い時からの失敗を生かして、今だからわかること・していることを書いております。

無駄買いを防ぐため 【試着】は必須

 

 過去、雑誌で『節約カリスマ主婦』なんて言われていた私。今も、無駄買いは少ない方です。特に衣類に関しては、一度も袖を通さない。着ないのにクローゼットに入りっぱなしというものは、ほぼない。一番の理由は、買う時に常に『試着』をするからです。

 見て素敵!と思っても、身につけると何かが違うと感じることが多いのは私だけでしょうか。 身長が173㎝あるため、ポスターやマネキンのイメージが、そのまま自分に当てはまることも少なくて……。丈や形・色や素材が微妙に異なる場合があるので、通販での買い物も控えます。







【迷ったら買わない】が鉄則



 さらにもう一つ、気をつけていることは、『迷ったら買わない』こと。人でも、物でも、必要であればまた出会うことができるはず!迷ったら、一旦帰宅します。不思議と迷ったものは数日たつと、そこまで気持ちが盛り上がらない。再び見に行くと、すでに売り切れているということもありますが、それもOKです。
 
 自宅でクローゼットを再度チェックすると、組み合わせるものが無い。似たようなものをすでに持っていることもあって、良いブレーキがかかります。



kurmyshov/gettyimages

入らないをなくすために【体型キープ】

 
 最後、無駄買いを失くすために気をつけていることは、体形のキープです。年齢的に似合わなくなってきた……は仕方がなとしても、体形の変化によって、手持ちの衣類が身につけられないのは防ぎたいなと思っています。

この記事を書いたのは……若松美穂:埼玉在住・宮城県出身・48歳
        【心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイスト】
対面に加え、ZOOMで全国の方と心理学講座・お話聴きます・カラーセラピー。「お茶会」という名の全国でのおしゃべり会は、を開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てにひと段落した今だからこその情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード