【捨て活】ズボラミニマリストがおススメする4月に手放すべき2アイテム

2021/04/15
  • ズボラミニマリスト、5歳・3歳の男の子ママ。ズボラなりの身軽で気軽な暮らしを目指しています。もっと見る>>

転勤妻・6歳4歳のやんちゃ兄弟のママ。
サンキュ!STYLEライター・ズボラミニマリスト主婦の村田です。

新年度を迎えて早2週間。
小学校・幼稚園の保護者会があったり、慣れない生活リズムが重なり、
我が家は盛大に荒れています。
(画像は今朝のリビング。これから少しずつリセットしていきます。)
そんなバタバタしがちな今だからこそ、モノは積極的に手放すタイミングです。
今回は4月に手放すべき2アイテムについてご紹介したいと思います!

冬服

だんだん暖かくなってきて、冬服の出番も少なってきました。
春服も入り混じって洋服の数が増えてしまう今だからこそ、
冬服総見直しのタイミングです。
毛玉のケアが大変な服、取れない汚れがついてしまった服、
この冬一回も着なかった服は今のうちにおさらばしておきましょう!
4月でも寒い日はまだありますが、上記のような服はこれからわざわざ着る機会はほぼ皆無です。
来シーズンに持ち越す予定のない冬服は4月のうちに手放しておくと、今後の衣替えも一層ラクになりますよ!

昨年度の書類

シュレッダー行きの書類たち

書類の管理が苦手な方は多くいらっしゃると思います。
私もその一人。
昭和生まれのアナログ女なので、手紙は原本を大事にしまっておきたいタイプ。
とは言え、年度が変われば効力を失う書類がほとんど。
よっぽど重要な(お金が絡むような)書類以外はすべてシュレッダーすべきなのが、
このタイミングです。
4月は特に学校や幼稚園も配布物や手紙がめちゃくちゃ多いので、
それらを収納するスペースを作るためにも、昨年度以前のモノは手放しておくと今年度の書類管理の効率化ができます。

『捨てスイッチ』を活用する

きっかけがないとなかなか重い腰はあがりませんよね。
ご紹介した、冬服と昨年度の書類は捨てる必要があるアイテム。
不要なモノを捨てていると、不思議と『捨てスイッチ』が入って、
他の不要なモノも手放そう!と一気に腰が軽くなります。
この『捨てスイッチ』を活用して、散らかったお部屋も少しずつきれいに整えていければ、
一石二鳥!
家がスッキリすること間違いなしです!!

まとめ

ズボラミニマリストがおススメする、4月に手放すべき2アイテム、
・冬服
・昨年度の書類
についてのご紹介でした。
これらを手放して、『捨てスイッチ』を活用し、
ちょっとバタバタしがちな毎日を少しずつ自分のペースに持ち込んでいきましょう!
お家が少しでもスッキリする何か参考になれば幸いです。

この記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライター・村田エミ。
暮らしに『ミニマリスト』を取り入れて、ズボラでめんどくさがりな私でもできる、
合理的・効率的な暮らしのコツや工夫を発信していきます。

計算中