【カレー史上最速10分】切らない&煮込まない!キャベツとトマトの鯖カレー

2022/05/27
  • 野菜・果物をおいしく食べてキレイに健康に!野菜ソムリエプロと管理栄養士の資格をもつ2歳男の子のママ。 もっと見る>>

野菜ソムリエプロで管理栄養士のサンキュ!STYLEライター小島香住です。

子どもにも大人にも大人気のカレー。作るとなると、具材を切って→炒めて→煮込んで→ルーを溶かして…と意外にも手間のかかるメニューですよね。

今回は、具材を切ったり煮込んだりする工程のない、最速レシピをご紹介します。

キャベツとトマトの鯖カレー

カレーの具材の定番といえば、じゃがいも・にんじん・たまねぎ・お肉ですよね。でもこれらの具材は、包丁でカットして食べやすい大きさにする必要がある上に、煮込んで柔らかくしなければいけないものです。

「次の日のカレーがおいしい」とよく言われますが、味が染み込むのにも時間がかかる具材なんですよね。

今回ご紹介するカレーは、キャベツ・トマト・鯖缶を具材で使用します。キャベツは手でちぎり、トマトは加熱するとヘラでほぐすことができます。鯖缶は加熱済みなので、煮込んで火を通す必要もなし。
カレー史上最速の10分で完成します!

材料(3人分)

・キャベツ  1/4玉
・トマト   1玉
・鯖水煮缶  1缶
・水     鯖缶1杯分
・カレールー 3皿分
・サラダ油  大さじ1
・ごはん   3皿分

つくりかた

(1) 鍋に油を熱し、手で食べやすい大きさにちぎったキャベツをかるく炒める。

(2) ヘタをとったトマトと鯖水煮缶(汁ごと)を入れ、空いた鯖缶1杯分の水を加えて蓋をし、強火で加熱する

(3) 野菜がやわらかくなったら、ヘラでトマトと鯖をほぐす。

(5) ルーを加えて溶かす。

(6) お皿にごはんをもり、カレーをかけて完成。

煮込まなくてもおいしいカレー

生でも食べられる具材なので加熱時間も短くて済み、じっくり煮込まないと味がなじまない根菜類を使わないのも時短のポイント。

キャベツは手でちぎるので、まな板と包丁も使いません。甘くてやわらかい春キャベツは火の通りも早く、カレーに旨みを増してくれますよ。

お好みでおろししょうがやおろしにんにくを一緒に炒めると、さらに味わい深く仕上がります。

最近はたまねぎの価格が高騰していますよね。いつものカレーが作れない…とお悩みのかたにもぜひおすすめです。


◇記事を書いたのは・・・小島香住(こじまかすみ) 野菜ソムリエプロ/管理栄養士
野菜・果物をおいしく食べて、キレイに健康に!
食品メーカーでの営業・商品企画開発・メニュー開発などの勤務を経て、現在は2歳の男の子の育児をしながら、WEBサイトやSNSで野菜・果物の情報を発信。セミナー講師としても活動している。

計算中