数を減らす&手放して本当に良かった3種類

2021/05/07
  • 息子2人を育てるシンママ。1000万円貯金を目指し奮闘中です。もっと見る>>

貯蓄0だった元浪費家で年間100万円貯められるようになった、
サンキュ!STYLEライターのちぇそです。

貯金を成功する上でモノを減らすことはとても有効でした。
なぜなら、モノを減らすことで
今、持っているモノを大切にする。
そして、新しく購入することに慎重になる。からです。

前回は、『手放すときの考え方』についてご紹介しましたが
今回は、私が実際に数を減らしたり
手放してよかった。と感じたものをご紹介します。

洋服や服飾品

以前のクローゼットは150着以上の洋服に
コレクションのように沢山あったかばんでパンパンでした。
また、靴箱に入りきらない靴や
アクセサリーケースからあふれるほどのアクセサリーがありました。

本当に必要なもの。
着心地や使い心地の良いもの。
着用してわくわくするもの。
だけにしたことで、いくつもいいことがありました。

・使いやすいクローゼットや靴箱などの収納になった。
・選ぶのが楽しくなるようになった。
・1つ1つに愛着がわくので大切に手入れするようになった。
・新しいく購入するときに慎重になるので失敗が少ない。

コスメや化粧品

コスメや化粧品にそんなに詳しいわけではありませんでしたが
ドラックストアやコスメショップに行く度に
少しずつ買ってしまう大量のコスメや化粧品がありました…

沢山ありすぎて、使い切ったことは数回しかなかったように記憶しています。
数を必要なものだけにしたことで
ほぼ、必ず最後まで使い切ることができるようになりました。

また、コスメは1軍だけになり
アイラインやリップなども1種類になったので
「どれを使おう。」と悩む時間がなく朝のメイク時間が短くなりました。

食器や調理器具

頂きものやお客様が来た時に使うかもしれない。と
食器や調理器具が沢山あり
とても使いにくいキッチンになってしまっており
それがとてもストレスでした。

3人家族の我が家では日常的に使う食器はそれほど多くなく
本当に使うモノしか残していませんが困ったことはありません。

調理家電も、1年以上使っていないモノは手放しても全く問題ありませんでした。
例えば、懸賞で当たったホットペッパープレート
「せっかくだから、いつか使うかもしれない。」と思っていましたが
全く使用チャンスはなく手放して良かったと思っています。
逆にホットプレートのスペースが空いてすっきりしました。

今回は私が
数を減らしたり手放して良かったモノをご紹介いたしました。

人それぞれ、減らすと困るモノや必要なモノは違うと思いますが
是非、参考にしてみてください。

●記事を書いたのは・・・ちぇそ
2人の子どもがいるシングルマザー
手取り20万でも貯金額1000万円を超えた経験から
貯金や節約のコツを発信中

計算中