FPママが教える!何かの時に準備しよう『生活防衛費』

2024/06/20
  • FP資格取得のシングルマザー。9歳・7歳の息子がいても1000万円貯金達成しました。もっと見る>>

貯蓄0だった元浪費家が年間100万円貯められるようになった
サンキュ!STYLEライターのちぇそです。

生活防衛費は、緊急時や予期せぬ出費に備えるために
日常生活で使わないお金を蓄えておく費用のことです。
今回は生活防衛費の概要とその重要性について説明します!

ちぇそ

生活防衛費とは

生活防衛費の目的:
①失業、病気、事故などの予期せぬ事態に備えるため
②突発的な大きな出費(家電の故障、車の修理など)に対応するため
などがあります。

金額の目安:
一般的には、3ヶ月から6ヶ月分の生活費を目安にすることが推奨されています。
生活状況やリスクによって異なりますが生活費として
家賃や住宅ローン、食費、公共料金、交通費など、毎月の基本的な生活費をカバーするのに十分な額で設定します。
少なくとも3ヶ月分の生活費を確保しておくと安心だといわれています。

保管方法:
通常の銀行口座や現金など
すぐに引き出せる形で保管するようにしておきましょう。

生活防衛費の重要性

収入の減少や失業への備え:
経済状況が不安定な時期には、突然の失業や収入減少が発生する可能性があります。
生活防衛費があれば、次の収入源を見つけるまでの間、生活費をカバーすることができます。

緊急の医療費や修理費用:
病気や怪我、車や家の修理など、予期せぬ出費が発生した場合に備えることができます。
これにより、高額な医療費や修理費用を一時的にカバーできます。

経済的な安心感:
生活防衛費があることで、経済的な不安を軽減し、精神的な安定感を得られます。
これは、家族全員の安心感にもつながります。

負債の回避:
緊急事態に備えた資金がない場合、高金利の借金に頼ることになりかねません。
生活防衛費があれば、こうした負債を避けることができます。

計画的な資産運用の継続:
投資や貯金計画を中断せずに続けることができます。
緊急事態のために投資を取り崩す必要がなくなるため、長期的な資産形成に悪影響を与えません。

生活防衛費の用意方法

まずは支出の見直しを行い毎月の収入と支出を見直し
節約できる部分を見つけて生活防衛費に回します。
また、銀行の自動積立サービスを利用して
毎月一定額を自動的に生活防衛費用口座に移す方法も効果的です。

生活防衛費をきちんと準備することで、予期せぬ事態にも安心して対応できるようになります。
家庭の経済的安定を図るためにも、計画的に蓄えていくことをお勧めします。

⚫︎記事を書いたのは・・・ちぇそ

2人の子どもがいるシングルマザー
手取り20万円台でも貯金額1000万円を超えた経験から
FP資格を取得して貯金や節約のコツを発信中

計算中