【時短家事】手放したらビックリするほど掃除も洗濯もラクになるモノとは!

2020/09/28
  • 大好きなおうちで家族と快適に過ごす方法を日々模索する整理収納アドバイザー。小学生と幼稚園児の母。もっと見る>>

整理収納アドバイザー兼サンキュ!STYLEライターのたけうちゆうこです。

快適に暮らしたいけど家事に使う時間は少なくしたい。
少しでも家事がラクになる工夫をしています。

その為に手放したモノ、それは「マット類」です。
当たり前のように持っていたマットたち、なくても大丈夫でした!

キッチンマットを撤去

キッチンは料理をする時に油はねや水はねなどで床の汚れが気になる場所。

キッチンマットを敷いていた時は不衛生だなぁと思いつつ、ズボラな性格が手伝って毎日洗うわけでもありませんでした。

キッチンマットをなくしてから掃除機をかけたり雑巾がけもやりやすくなり、スッキリ気持ちのいいキッチンになりました。

トイレマット、カバー類の撤去

トイレは衛生的に保ちたい場所。
便座カバーやふたカバー、トイレットペーパーカバーの洗濯も正直めんどくさい!
床の掃除もめんどくさい!
ということでマットと共に洗濯の必要なカバー類もなくしました。
トイレのスリッパもありません。

こちらはインテリアが寂しくなったような気もしますが、トイレのキレイさを簡単に保てるようになりました。

バスマットを珪藻土マットに変更

洗濯の必要なバスマットはやめました。
珪藻土マットは使ってもすぐに乾くので、家族4人が使っても気持ちよく使えます。

使い終わったら洗濯機のすき間に立てかけるだけでスッキリ収納できます。

珪藻土マットは時々陰干しをしたり、やすりがけをしてあげるだけで水を吸い込む力がよみがえるので多少のメンテナンスは必要です。

それでも床の掃除のしやすさと洗濯から解放されたのでとてもよかったです。

まとめ

マット類は風水的にはあった方が良いとよく聞きますが、わたしは家事をラクにしたかったので全てなくしました。

マット類をなくしたことで
●掃除がラク
●洗濯しなくていい
●マット類を買わなくてもいい
●マット類を収納しなくてもいい
といいことづくめです。

もし参考になればうれしいです。

◆この記事を書いたのは…たけうちゆうこ
整理収納アドバイザーで小4娘と年長息子の母。
ズボラでめんどくさがりでも、大好きなおうちで大好きな家族と快適にここちよく暮らせる方法を模索中。

計算中