【リビング】手放して暮らしが変わったもの2つ

2020/10/25
  • 主人、息子(10歳)、娘(8歳)の4人家族。すっきり片付いた清潔なおうちづくりを目指しています!もっと見る>>

こんにちは!
家族が大好き、のんびりポジティブ主婦のサンキュ!STYLEライターいつきです。

結婚をしてから今の家が3つ目の住まいになるのですが、引越しをするたびに段々と持ち物が減り、自然とシンプルでミニマルな暮らしを好むようになりました。

今回は、そんな我が家の「手放して良かった!」と思えるものをご紹介いたします。


暮らしが変わった!ソファ

ソファを手放して、オニオンクッションを2つ置いています。
掃除がしやすく、リビングも広く使えるので、踊ったりストレッチしたり筋トレしたり、、、。
リビングを有効活用できる暮らしになりました。
清潔に衛生的に、快適なリビングになったと思っています。

人生が変わった!テレビ

手放して確実に人生が変わったもの。
それはテレビです。
我が家に置いてあるものは子どものゲーム用のモニターで、テレビ配線は繋がっていません。
そもそも、テレビの配線工事をしてもらっていないのです。

子どもが小さい頃から、テレビを見るというよりもDVDを見るほうが多く、レンタルDVDをよく利用していました。
しかし、傷が入っていて見られないことがあり、レンタルDVDよりも動画配信サービスを利用することが増え、テレビというものを見なくなりました。


家族の会話やコミュニケーションを大切にしていて、ご飯の時間は会話を楽しんでいます。
テレビを見ながらご飯を食べたりすることがないので、有意義な時間が過ごせていると感じています。

以上です。
暮らしの形はそれぞれですが、我が家はこのスタイルがちょうどです。
ストレスが溜まるとモノが増えるのですが、逆行してモノを減らすととてもすっきりします。
最後までご覧いただきありがとうございました。

◆記事を書いたのは・・・いつき
家族が大好き、のんびりポジティブ主婦。
毎日の簡単掃除やオススメグッズ、おうち時間を発信。

計算中