面倒なお弁当作りの意識を変える○○弁当

2021/04/06
  • 食べることが大好きなOL×主婦です。おいしい、幸せ!を大切にしています。もっと見る>>

こんにちは!食べることが大好きな28歳兼業主婦のサンキュ!STYLEライターsaoriです。

朝の忙しい時間に、お弁当を作るのってパワーが要りますよね。以前はおにぎりとスープだけ持っていくのに精一杯で、量が足りず帰宅後に爆食いするという悪循環でした。

曲げわっぱを使ってみたら、美味しいし見た目もよく気分がいい。使うほど実感する、曲げわっぱの魅力をご紹介します。

何品でもバチッと収まるサイズ感

曲げわっぱは、1/2にごはん、卵、おかず何品かでバチッとちょうどよくおさまるサイズ感。おかずが多い時はぎゅうぎゅうに詰めてもいいし、余白があっても不思議といい感じになります。

冷えても美味しいお弁当

曲げわっぱは、おひつと同じ木の素材で調湿作用があるため、冷めてもおいしいごはんになります。タッパーに詰めたご飯とは違い、ふっくらしていて本当においしい!

朝5分で詰めるための前日準備

前日におかずを用意すると、朝は5分で詰め終わります!私が必ず用意しているのは卵です。
ゆで卵やだし巻き卵があると見た目も華やかになっておすすめです。
作り置きなどがない時は、夕飯をお弁当用に分けておきます。翌朝にお米、卵、夕飯の残りもの弁当が完成です。

「乾かす」を徹底して長持ち

洗ったら十分に乾かすことが大事です。これを怠るとカビが生えてしまいます!
曲げわっぱ弁当箱といっても、無塗装のもの、漆塗り、ウレタン塗装のものと種類がありますのでそれぞれお手入れの方法を確認してくださいね。

いかがでしたか。
お弁当箱を変えてから、何を詰めようかな?と夕飯作りの時点で考えるようになり、お弁当作りが苦にならなくなりました。
持っていきたいけど面倒、と思っている方は気に入ったお弁当箱をぜひ見つけてみてください。

◆記事を書いたのは・・・saori
28歳の兼業主婦。料理苦手なりにモチベーションを上げるため、日々の料理の記録を続けています。働きながら毎日の食事を楽しんでいます。

計算中

関連するキーワード