ポジティブな若い女性の思考

それ、本当に必要?実はなくても困らなかったモノ3選

2021/11/27
  • 1LDK賃貸で上質な干物暮らしを目指す、40代主婦。在宅ワークや整理収納アドバイザーとしてゆるっと活動しています。もっと見る>>

40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
上質な干物暮らしを目指すサンキュ!STYLEライターのおかさんです。

結婚して新居で暮らす時に必要かな?と思っていた物が
実はなくても困らず手放すことで収納に悩まずスッキリした経験があります。
今回は、実はなくても困らなかった3つのモノをご紹介します。

来客用食器

友人が来る時は外で食事を済ますので必要ありませんでした。
お茶やお菓子を出す時は普段の食器で間に合うし
来ても数人なので充分足りることが分かりました。

来客用スリッパ

昔は来客用スリッパを持っていたのですが来客のたびに
「履きますか?」と尋ねても1LDK賃貸は履いてもすぐ脱ぐとの理由で履かない方がほとんどでした。

今は「スリッパの用意がなくてすみません。」と伝えれば了承していただけるので
余分に持たなくなりました。

来客用布団

「いざという時に困らない。」とアドバイスされた事がありましたが
いざは一度も来ず、寝泊まりする来客は今もありません。

親が来た事はありますが近場のホテルを用意した方が
お風呂や寝るタイミングなど遠慮がなくて良いとのことでした。
当然1LDK賃貸で布団はかなり収納スペースを割くので
余分に持たなくてよかったアイテムです。

ライフスタイルを考えて物を見直したらスッキリした

いつ来るかも分からない来客のために家族が毎日使う収納スペースまで
埋められてしまうのはとても勿体無いと思いました。

よくよく考えればしょっ中来客のあるライフスタイルではありませんし
来客があっても事前に代替品を用意するなどできます。
本当に必要かそれぞれのライフスタイルで見直してみるとスッキリ暮らせるかもしれません。

記事を書いたのは・・・おかさん
40代で妊娠、出産。1LDK賃貸に夫と息子(0歳)の3人家族。
1LDK賃貸で上質な【干物】暮らしを目指す主婦&整理収納アドバイザー&在宅ワーカー。

計算中