食事制限なしで1年で−17kgに成功!私の痩せナイトルーティーン

2021/04/14
  • ペット系サービスを運営する2児ママ。筋トレにハマり無理なく10kg以上のダイエットに成功!ダイエットインストラクターの資格も取得。もっと見る>>

無理をせずに1年強で17kgのダイエットに成功し、ダイエットインストラクター資格を取得しました、サンキュ!STYLEライターのゆみみんです。

みなさんには毎日、夜寝るまでに行っている「ナイトルーティーン」はありますか?
私もいくつかルーティーンがあるのですが、その中にはダイエットやボディメイクのために行っているものもあります。

今回は、食事制限なしで楽しく痩せられた私の痩せナイトルーティーンをご紹介します。
ダイエット方法は人それぞれですので、参考程度に読んでいただけたら嬉しいです。

夕飯のお米は抜かずに「少なめ」を意識

糖質制限ダイエットが流行っていることもあり、食事の際にお米を抜いているという方が多い気がします。
でも、それはすごくもったいないことです……!

私は「糖質制限など食事制限でのダイエットは100%リバウンドする」と思っています。
なぜなら、それで痩せたとしても一生制限を続けなければその状態はキープできないからです。
私も過去に糖質制限で痩せたことがありますが、元の食事に戻したら一気にリバウンドし、更には代謝の悪い痩せにくい身体になってしまいました。
無理な食事制限は身体や心まで壊してしまうこともあるので、個人的には絶対におすすめしません。

大切なのは、たんぱく質・脂質・糖質をバランスよく摂ること!
つい避けてしまいがちな脂質や糖質は良質なものであれば体脂肪を燃やしやすくするエネルギーにもなります。
私自身、お米があまり得意ではないため抜くことが多かったのですが、きちんと食べるようになってからスムーズに痩せるようになりました。

ですが、糖質は夜に多く摂ると脂肪として蓄積されやすいのは事実。
なのでお昼にしっかりと多めにお米を食べて、夜は抜くのではなくて少なめを意識するようにしています。

簡単なストレッチでリラックス

就寝前に筋トレなどの激しい運動をしてしまうと、睡眠の質が悪くなり痩せるのに効果的な成長ホルモンの分泌が滞ったり食欲増加にもつながります。

夜はゆったりとした気持ちで軽くストレッチをするのがおすすめ。
ストレッチをして眠ることで、心身の緊張がほぐれるので寝つきがよくなり深い睡眠をとることができると言われています。
可動域が広がるので脂肪の燃焼率が上がったり、先程書いた成長ホルモンの分泌を促すとも言われているので、睡眠前以外でもぜひ取り入れてほしいことです。

大切なのは毎日続けること。
テレビを見ながらでもいいのでやってみてくださいね。

ノートになりたい自分を書く

寝る前には、自分の夢や目標を書いてあるノートを開きます。

ダイエットはもちろん仕事や育児などでも「こうなりたい」「こうでありたい」と理想の自分を想像しながらノートを書くことで、頭もすっきりして寝付きやすくなっている気がします。

元々、あのサッカーの本田圭佑選手や野球のイチロー選手が「夢ノート」というものを書いていたと聞いて始めてみたこのノート。
小さな目標を書いてクリアして……を繰り返していった結果、私は17kgのダイエットに成功していました。
日記感覚で書いてみるといいかもしれません。

美は1日にしてならず!

なんでもそうですが、たった1日で何かが変わるわけではありません。
大切なのは毎日コツコツと続けること。
無理をしないで、自分のできることを続ける。
そうすればきっと、どんなに小さなことでも大きな成果につながります。

↓こちらもぜひお読みください。

■記事を書いたのは・・・ゆみみん
小学2年生の長女と、3歳の長男を持つママ。
ペットロスカウンセラー、ペットケアアドバイザーとしてサービスを運営しながら自分の時間も大切にしています。
約1年で無理なく17kgのダイエットに成功し、ダイエットインストラクター資格を取得しました。

計算中