志望校合格!息子の高校受験が私にくれたもの

2021/03/03
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

幼稚園児と中学生、10歳差の兄妹がいるサンキュ!STYLEライターマミです。

受験生だった息子が先日無事に志望校に合格しました。受験生の母として過ごした1年でしたが、息子だけでなく私にとっても大きな実りのあった年となりました。

まずは塾選びから奔走

吹奏楽部が忙しく、塾へは通っていなかった息子。3年になったら塾へ通おうと塾探しを始めようとしたら、新型コロナによる休校や休業で塾探しもすぐには出来ず。緊急事態宣言明けに見学を始めた塾で、費用の高さに絶句!夏期講習って20万近くかかるの?なんだかんだで最低でも毎月3~4万くらいはかかりそう?それに模試だなんだとそれだけじゃ済まない月も多くない?とビックリしました。

夫は塾反対派だったのもあり、これは塾の費用をどうしたもんか?と悩みながら、何件も見学に行き、内容も費用も納得の個別指導塾へ一応決定しました。(この時点でも夫はあまり納得できずな感じでした)

私も本気を出すしかない!

塾は決まりましたが、何となく勉強に力が入らず、受験生の自覚が出てこない息子。夫もそれを見て塾の意味はあるのか?という雰囲気に板挟みの私。でも、ほとんどの生徒が塾へ行っている中、塾なしという選択は私にも息子にもありません。「勉強をしろ」といくら口で言ったところで、本人が本当にやる気を出さなければ意味もないし夫も納得をしないでしょう。ということで、これは私が本気を出すしかない!母も本気だということを示すしかない!と思いました。

どう本気を出したのか?

どう本気を出したのかというと、私は仕事を始めました。目標は、塾代を稼ぐことです。娘はまだ幼稚園児なので、家でできる仕事にしようと決めました。クラウドソーシングサイトに登録し、サンキュ!STYLE以外にもライターの仕事を探して開始。

最初は単発の仕事や報酬が安い仕事しかできませんでしたが、そのうち、安定した継続案件の仕事ができるようになりました。さらに、去年の終わりにはこれまでの仕事内容が認められ、他のライターさんの記事をチェックする業務をすることに。正式な業務委託として契約書を交わし報酬も上がりました。そして、目標だった息子の塾代を私が払えるようになりました!

「塾代は母ちゃんが稼ぐから息子も頑張れ」と宣言して仕事をしていた私を見ていたからか、はたまたそれは関係ないのか?息子も次第に受験生の自覚が出て、無事志望校に合格しました!

息子にありがとうと言いたい

「受験生の母」は、私にとっても初めての経験でした。そして、とてもいい経験になりました。娘がもう少し大きくなったらいつかは本格的に仕事をと漠然とは思っていましたが、あれよあれよと仕事をすることになり、今はとても充実しています。夫も塾に反対とは言いながらも塾代は気持ちよく出してくれていましたし、もちろん応援してくれていました。

こんなことでもなければ、本気で仕事をしていなかったかもしれません。母としての頑張る方向性がこれでよったのか?それはよくわかりませんが、結果良ければすべて良しかな?と今は思っています。息子よありがとう!でも、10年後にはまた娘の受験かと思うとちょっと憂鬱です(笑)

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と中学生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中