やっちゃった!フリマアプリ出品の「失敗あるあると対処法」言いたい!

2021/11/21
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

フリマアプリ歴7年、ネットオークション歴は20年以上のサンキュ!STYLEライターマミです。

誰でも気軽に不用品やハンドメイド作品を販売できるフリマアプリはとても便利ですね。年末の大掃除へ向けて、不用品の出品が増える人も多いのでは?

そこで今回は、フリマアプリでやりがちな「失敗あるあると対処法」をご紹介します。

思ったよりも送料がかかって儲けゼロ!

メルカリなどのフリマアプリでは、送料込みでの出品がほとんど。送料別の値段設定だと売れにくいですよね。

長年フリマ出品をやっていると、大きさや送料の予想がついてくるので、「だいたいこのくらいの送料だろう」といった感じで値段を付けがち。

実際梱包してみると思ったよりも大きくなってしまい、売れたあとに「しまった!送料ギリギリの値段かも?」なんてことありますよね?

梱包した状態での大きさをしっかり測ってから出品しましょう。

よく調べずに破格の出品!

出品してすぐに売れて、やった!と思って喜んでいたら、実は自分の商品は激安だった!本当はもっと高く売れたのに~!!なんて経験もありませんか?

せっかく出品するなら、なるべく高く買って欲しいもの。出品する前に、一度その商品を検索してみるようにしましょう。

その商品の売れている価格帯を調べ、同じくらいの価格設定にすれば間違いありませんよ。


出品していたのを忘れてしまった!

出品したからといって、すべてがすぐに売れるわけではありませんよね。売れるまでしばらく様子を見たりすることも多くあります。

でも、その間に出品したのを忘れてしまうことってありませんか?

その商品を出品したのをすっかり忘れて、どこにいったかわからなくなったり、間違えて捨ててしまったり、誰かにあげちゃった!なんてことも。

「購入されました」という通知が来てから「あれって出品してたっけ?どこにしまったんだろう?」と大慌て。これって本当にヒヤヒヤしますよね。

一度出品したらマイページを定期的にチェックして、今出品している商品を確認することも大事ですよ。

なかなか売れない物は、一度削除して出品しなおしてみると売れたりすることもあります。マメな更新も大切ですね。

失敗しても楽しいフリマアプリ

たまに失敗することもありますが、意外な商品が高く売れたり、捨てようと思っていたものが誰かの役に立つとうれしいものですよね。

こうして「失敗あるある」をだれかと共有することもまた、フリマアプリの楽しみのひとつかもしれません。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中