そのこだわりさえ捨てれば家はあっさり片付くかも?!

2022/01/25
  • 整理収納アドバイザー。転勤族の夫と娘の3人暮らし。もっと楽に日々の時間を大切にできる暮らしを。 もっと見る>>

転勤族で賃貸マンションに住む整理収納アドバイザーでサンキュ!STYLEライターの結です。

何度も家を片付けようとしても片付かなかった方は、もしかしたらこんな思い込みやこだわりを握りしめているかもしれません。この3つに当てはまっていないか、チェックしてみてください。

1.美収納がゴール

整理収納のゴールは美収納だと思っていませんか。もちろん好きでするのであれば良いのですが、そう思い込んでいるだけならそのこだわりは捨ててもいいかもしれません。

真っ白な収納用品がきっちり並ぶような美収納は、中身が見えなかったり、モノの変動がないように小まめに管理したり、細かく分類したりする必要があるので、そもそも片付けが苦手な方にとってはハードルが高いもの。

そこまで追求するかどうかを考えるのも、目の前のモノが片付いてからでも遅くありません。

2.お得が正義

主婦にとってお得なことを選択するのがベストだと思い込んでいませんか。確かに同じものが少しでも安く買えるのは得した気分になって嬉しいもの。

でもその喜びはその一瞬のことであり、長い目で見たら損してしまっていることも。安かったから、たくさんあるから、と大事に使えなかったり、使い切れず無駄になってしまってはもはや損です。

安いし腐るモノでもないからと今は必要ではないものをまとめ買いすれば、貴重な収納スペースも奪われてしまい、本当に収納したいものが収まらずに散らかるハメに。

3.使い切る=モノを大切にする

理想は全てのモノを使いきることが、モノを大切にすることなのかもしれません。ただモノが簡単に手に入りあふれている現代では、そこにこだわっていればずっと家は片付かず、それではモノを大切にできません。

その理想に近づくには、まずは使い切っていないモノでも自分にとって必要でないモノは手放していくことが先ではないでしょうか。

本当にモノを大切にしたいのであれば、そこに向かっている途中だと思って割り切ることも大事です。

こだわりを一度手放してみる

片付いてからこれらのこだわりを大事にしても遅くないので、今片付けたいのであれば先に一度手放してみませんか。きっとそれが近道です。

この記事を書いたのは…結
◆転勤族の整理収納アドバイザー
【効率重視でくらしを”楽”に整える♪】をモットーに、効率良くラクに整えて大切な時間を楽しめるくらしをご提案。

計算中

関連するキーワード