【ライター裏話】脱3日坊主!記事更新のモチベーションを保つコツ

2022/03/22
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

2021年7月末からサンキュ!STYLEライターとして活動を開始、22年3月度で、『編集部が選ぶ優秀ライターMVP』を頂くことができました。

記事はコンスタントに更新して発信したほうが良い…とわかっていても、なかなか実行に移せませんでした。
2022年1月20日から、まずは1か月更新してみようと始めた「毎日更新」
目標を予想以上に超えて、現在3か月目に入りました。

今回は、コンスタントに更新するためのモチベーションを維持する秘訣を考えてみました。

1.宣言する!後に引けない状態を作る

一番の秘訣はこれに尽きると思います。

今年はまず1か月更新を目指そうと思い、新年の目標をテーマした記事で情報発信について宣言しました。

「まずは1か月毎日更新!」と書いたつもりでしたが、書いてなかった…。
更新できなかったら…と不安で書けなかったようです。
実はそれくらい継続することに対して自信がなかったです。

「宣言すること」はただ頭の中で思っているよりも、
口に出したり、SNSで公開することによって何倍もの効果に繋がります。

毎年、新年に友人とのあいさつ代わりに、その年の目標を宣言しあっていました。
今年は参加できなかったので、思い切って「サンキュ!STYLE」で宣言してみました。
実際にどれくらいの方にご覧いただいたかはわからないのですが、「誰かに読まれている」というプレッシャーが私にとっては良い刺激になったようです。

2.更新計画はあえて立てない

コンスタントに記事を書くには、記事の書き溜めや曜日別にテーマを決めたりなど、更新の目安があるとよさそうですが、私はあえてノープラン。
その日に書きたいと思ったことを書いていました。

学生の時など試験の勉強計画を書いても、それが細かすぎたりして達成できなかったことがありませんでしたか?
私は毎回そうでした。
これまで計画倒れが多かったので、細かいことを決めるのはやめました。

ある程度のプレッシャーは必要ですが、過度になりすぎるとモチベーションが下がるので、匙加減というか自分なりにバランスをとるようにしていました。

3.そうは言っても記事が書けそうにない時は過去記事を活用!

プレッシャーが程よくなく、自由に書く方が自分向き…とは言っても、書く時間を作る余裕がない日もありました。
そんな時に活用したのが、過去のブログ記事の再編集(リラライト)です。

私は前ブログと併せると、アメブロで8年程ブログを書いています。
そのため記事のストックはそれなりに持っていました。
アメブロでトピックスされた記事や、アクセスが高かった記事がいくつかありました。
時間がない時はそんな記事の出番です。
評判の良かった記事を、より分かりやすく読んでもらえるように再編集していました。

大切なことは自分が好きなことを楽しむこと!

私の場合は「万人に受けそうな記事」を目指すと、一気にモチベーションが下がります。
PVやいいねの数は気にしないで、自分の興味があることや好きなことを意識して書くようにしています。
これからも自由気ままに発信していこうと思います。
いつもご覧くださったり、コメントくださる皆さん本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦から片付けのプロに。
地方新聞ミニコミ誌にて2年間片づけのコツを連載。
サンキュ!STYLEでは片づけ、掃除、料理など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中