【汚れ対策】ズボラさんにオススメ!コンロ奥の面倒な掃除をなくす便利アイテム

2021/09/24
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

整理収納アドバイザーのおだけみよです。
訪問介護のヘルパーとして、掃除や調理などの家事代行業務も行っています。

今回はキッチンの面倒な掃除をなくしてくれた便利アイテムを紹介します。

キッチンで汚れが気になる場所がこちら

キッチンの中でもガスレンジ周りは汚れが付きやすい場所のひとつです。
特にコンロ奥の部分は汚れが付きやすく、調理中に食材などが飛んで落ちることが多い場所。
すぐにお手入れをするのがベストですが、手が回らなかったり、掃除しにくかったりで、すぐにお手入れできない場合もありますよね。
ズボラな私はこういった場所の掃除がめんどくさくて苦手でした。
そこで、汚れを防止してくれるアイテムを使うことにしました。

山崎実業 コンロ奥隙間ラック 税込価格 2,640円

製品サイズ/ 約 幅 58 x 奥行 11 x 高さ 19.5 cm
対応サイズ/
  ガスコンロ(IHクッキングヒーター) : 約 幅 60 x 高さ 18 cm
  ガスコンロ(IHクッキングヒーター)奥の隙間 : 約 11 cm以上

商品は組み立て商品ですが、組み立てと言ってもねじで本体と脚の部分を留めるだけで完成。
女性でも簡単に組み立てることができます。

設置

早速設置しました。
気になる隙間がきれいに埋まりました。

少し引いて、全体を撮りました。



台の上は調味料などを置くこともできますが、一番油が跳ねやすい場所です。
コンロ周りには極力ものを置きたくないので、このスペースは鍋蓋の一時置きとして使うことにしました。

気になる掃除はこう変わった

以前はガス栓周りを拭いたり、調理ごみを取ったりと、何かとコンロ奥の掃除は面倒でした。
カバーをしたことで普段の掃除はカバーを拭くだけでOK!
とても楽になりました。

掃除しにくい場所は汚れを予防するのが一番

キッチンは汚れが付きやすい場所です。
すぐに掃除をするのがベストですが、掃除しにくい場所だとめんどくさくて、後回しにしてしまいます。
そんな時はカバーなどで事前に汚れを防止するのが一番です。
掃除の手間が減り、キレイをキープしやすくなります。

この記事を書いたのは…おだけみよ
介護士/整理収納アドバイザー
片づけられない主婦から片付けのプロに。
介護施設で働きながら整理収納アドバイザーとしても活動中。
訪問介護の現場でヘルパーとして、掃除や調理などの家事代行業務も行う。
サンキュ!styleでは片づけ、家事、雑貨など、私らしい暮らし作りのコツを発信中!

計算中