【無印】手間のかかる下準備は不要!大人気「発酵ぬかどこ」で食品ロスを美味しく削減!

2022/07/05
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

元無印良品スタッフで片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

無印良品で夏になると特に人気が出るのが「発酵ぬかどこ」
ぬかどこって手間暇かかってとても難しいイメージがありませんか?

でも無印良品のアイテムを使うと、手間暇要らずで半日から1日で美味しいぬか漬けの出来ちゃうんです。
今回は手軽で美味しいと評判の「発酵ぬかどこ」を紹介します。

発酵ぬかどこ 1kg

商品番号 82931617
価格 890円(税込み)

毎日のかき混ぜがいらないぬかどこです。あらかじめ発酵させているので、そのまま野菜を漬けられます。チャック付袋なので、容器は用意せずにすぐにはじめられます。

通常ぬかどこは材料を揃えて発酵させてから漬けるので、準備に手間がかかります。
この商品は発酵させてあるタイプなので、開封後すぐに野菜を漬けて使えるのが特徴です。

実際はどうなのか?
ぬかどこ初挑戦の私がレポートします。

用意するもの

・半端に余った野菜、チーズなどのぬかに漬けたい食材
・発酵ぬかどこ 1袋

1.材料はさっと水洗いし、水気を拭きとります。

2.材料を袋に入れて漬けます

18時間~24時間後にぬかからつけた野菜を取り出します。
漬ける時間の目安は袋に記載されているので、初めてでも時間の目安がわかりやすいです。

取り出した野菜を、食べやすい大きさに切って盛り付けます。

ごはんにもお酒にも合う一品の出来上がり!
余りがちな食材を美味しく食べきれて一石二鳥です。

ぬかが少なくなってきたら「補充用」で追加できます

商品番号 82931624
価格 290円(税込み)

何度も漬けてぬかが少なくなってきたら、補充用をどうぞ。
250ℊ入りと少量サイズ。
補充はもちろん、1㎏で大きすぎて冷蔵庫で場所を取りすぎる場合など、少ない量で始めたい方にもこのサイズはお勧めです。

ここに注意!

発酵食品は呼吸をしています。
その為、密封容器などに入れ替えて使う時は、「完全密封タイプの容器は避けて」漬けてください。

この時期各店舗でもお勧めしている人気アイテムです!

ぬかどこ活用術が本になりました!

美味しくできて、食品ロスも削減!
ほったらかしておくだけでできるので、暑くてキッチンになるだけ立ちたくない夏にはぴったりのアイテムです。
是非店頭でチェックしてみてくださいね。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦を脱出して片付けのプロに。
無印良品が好きで店舗スタッフとして5年半勤務。
勤務先の店舗ブログにて収納関連記事や片付けワークショップを担当した経験あり。
サンキュ!STYLEでは片づけの他に料理や掃除など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中