これが多いと要注意!? 片づけが苦手な人が無意識のうちに集めているもの

2022/02/06
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

コロナ禍になる前はお客様宅にて片づけ作業支援をしていました。

2年程の間に150件超のお宅を支援させていただきました。
お客様宅に伺っていると片づけが苦手な人には同じ特徴があることに気がつきました。

前回は「片づけが苦手な人の家に多い物」を紹介しました。

今回は「片づけが苦手な人が無意識のうちに集めている物」を紹介します。

片づけが苦手な人が無意識のうちに集めている「粗品」

片づけが苦手な人が無意識のうちに集めている物。

街中で配っているポケットテッシュ
ガソリンスタンドでもらうボックステッシュ
お店でもらうカレンダー

これら、お店などのでもらう「粗品」です。
片づけが苦手な人のお宅に伺うと、粗品をあちこちで見かけました。

粗品を貰ってしまう心理

粗品がたくさん出てきたときに、「これを使う予定はありますか?」とお伺いしています。

「使わないけどなんとなく…」
「いつか使うかな?と思って…」
「タダ(無料)で配っていたので…」

この質問に対して、「はい、〇〇で使います」と答えられる人は皆無でした。
粗品はタダ(無料)で配られているので、「タダで貰えるものは貰わないと損!」
このような心理が働いて手が伸びるこことが多いようです。

タダほど怖いものはない

タダで貰えるとついつい受け取ってしまいますが、実は使わずに放置されている状態が一番もったいない状態です。

物が放置されていることで…

・無駄に場所を取っている
・必要がない物を管理する手間がかかる

場所や労力などが無駄になりがちです。
タダで貰って得をしているようで、実は無駄になり損に繋がることが多いです。

必要がない物は断る勇気を持つ

私は必要がないものは断ることが多いです。
いつも利用しているがソリンスタンドでは、1,000円以上の給油で毎回ボックステッシュを配布しているのですが、毎回お断りしています。
家族が少ないとそうそうボックステッシュは必要がないのです。

最初は勇気がいるかもしれませんが、家の中に無駄なものを入れないように意識することで物に振り回されることが少なくなります。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦から片付けのプロに。
地方新聞ミニコミ誌にて2年間片づけのコツを連載。
サンキュ!STYLEでは片づけ、掃除、料理など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中