片づけのプロは見た!片づけが苦手な人がやってしまいがちな失敗2つ

2022/02/22
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロ・ライフオーガナイザーのおだけみよです。

お客様の片づけや収納に関してのお悩みを伺っていると、片づけが苦手な人が共通してやっている失敗があります。
今回はその失敗と実際に私がアドバイスさせてもらった改善策を紹介します。

1.広い場所から片づけようとする

クローゼットやリビングなど、片づけが苦手な人ほど家の中でも比較的広い場所から手を付けようとする傾向があります。
片づけ始めてはみたけれど、途中で手が止まってしまいギブアップ。
片づけ始める前よりも状況が悪化しちゃった…なんてことも。

改善策:狭い場所から始めてコツをつかもう

場所の広さに関係なく、片づけの基本手順はどこも同じ。

1.全部出す
2.要るものと不要なものに分ける
3.要るものを戻しやすい場所に収める

まずは玄関や洗面所など、家の中でも比較的狭い場所から始めます。
場所が狭いとそれだけ作業が短時間で終わり、達成感が生まれます。
達成感があればまた次も頑張ろうと思い、片づけを継続するモチベーションに繋がります。

私のお勧めはお財布やバッグから始めること。
この狭いスペースを綺麗にできなければ、部屋全体を綺麗にすることも難しいです。
まずは簡単な場所からが始めるのがお勧めです。

2.短い期間で一気に終わらせようとする

「クローゼットを週末で一気に終わらせたいです」
「リビングを今日一日で片づけたいです」

片づけが苦手な人ほど、広くて手がかかる場所を短時間で終わらせたい願望が強いです。
苦手なことなので早く終わらせたいのは当然なのかもしれませんが。

でも実際にやり始めると、その量の多さに半日経たずにお手あげになることが多いようです。

量が多いものは小分けにして、少しずつ進める

衣類など明らかかに量が多いものは「全部出す」段階で、物が積みあがっていくのを見るだけで気が重くなり、片づけモチベーションが急下降してしまいます。

量が多いものは小分けにして、少しずつ進めていくのがお勧めです。
これから衣替えの準備を始めるなら…

・春物(長袖)のトップス
・春物のボトムス
・アウター
・靴下・ストッキング類
・アウター

初夏辺りまで必要な春物をまずは終わらせることを目標に始めましょう。

千里の道も一歩から

苦手なことは一気に終わらせたい気持ちが強くなります。
でも、一気にゴールを目指そうとすると逆に失敗に近づきます。
まず小さい一歩を確実に踏み出すことが、ゴールへの近道になります。

●この記事を書いたのは…おだけみよ

ライフオーガナイザー。
汚部屋主婦を脱出して片付けのプロに。
無印良品が好きで店舗スタッフとして5年半勤務。
勤務先の店舗ブログにて収納関連記事や片付けワークショップを担当した経験あり。
サンキュ!styleでは片づけの他に料理や掃除など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中