SNS依存勘違いダイエッターからの卒業で捨てた物3選

2020/10/21
  • ダイエットインストラクター。元大手学習塾教室長。ディズニーヲタク。5歳の息子を育てるママ。 もっと見る>>

元・学習塾教室長の運動苦手ダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターのけんママです。
1年間で-10kgのダイエットに成功しダイエットインストラクターになった私ですが、ダイエット開始当初は、SNSなどで見た知識を片っ端から試しているだけの、勘違いダイエッターでした。そんな私がストレスフリーなダイエットに目覚めて捨てた物3選をご紹介します。

捨てた物1:大量のサプリメント

ダイエット開始当初、「痩せるにはサプリメントが必須!」と思い込んだ私は、SNSの各所でオススメされているサプリメントを色々と購入しました。「毎朝スッキリ!」とか「これさえ飲めば」の文言に踊らされ、中に入っている成分のことは特に考えていませんでした。
体調や自分の食生活に合わせて、足りない物を補うことが出来る、文字通り栄養補助の役割をする物がサプリメントなのに、ただただ素敵な体型の方が飲んでいるというだけで真似をして、必要のない物にもお金を出していました。
勘違いダイエッターからの卒業で、サプリメントも卒業。食材から栄養素をバランス良く摂取出来るように意識を変えました。

捨てた物2:プロテインバー

魅力的な体型のトレーニーの中には、糖質制限をしている方が多く、トレーニングの後にプロテインを飲んだり、お菓子代わりにプロテインバーを食べているSNS投稿をよく目にしました。
「そうだよね、お菓子よりもプロテインバーを選べば太らないよね!」と思い込んだ私は、海外輸入のサイトで、何箱も購入。常に持ち歩いていました。
プロテインバーは、タンパク質をしっかり摂りたいけれど食事の時間がない時に食べるには、使いやすい食品だと思います。ですが、毎日ジムに通って高負荷のトレーニングをするわけでもない自宅トレーニングダイエッターが大量に買い溜めておく必要はなかったのです。
食べきれないプロテインバーは、自分の愚かさの反省と共に、捨てました。

捨てた物3:SNS依存

これは物ではありませんが、最重要だったのはSNS依存を捨てること。
いわゆるインスタダイエッター(Instagramで公開ダイエットをする人)だった私は、Instagramで投稿されているダイエット成功者たちの消費活動を真似することが全てになってしまっていました。その結果、勘違いダイエッターの道を突き進むことに。
SNSは誰でも発信が出来るツールですから、その人の体験談だという意識を持って見ること、自分が信じられる知識は、書籍や資格を取得することで得る方法へと変えることで、SNS依存も卒業することが出来ました。

勘違いダイエッターにならないために

正しいかそうでないかは別として、手軽に情報が手に入る世の中です。ダイエットの知識を得ようと思うと、SNS上には成功者の体験談がたくさん。知らぬうちにSNS依存になってしまう場合も多いです。
今回私が捨てた物として紹介したサプリメントやプロテインバーは、悪い物というわけではありません。ただ、自分に必要かどうかを冷静に判断しないと、私のようにお金も時間も無駄にしてしまう危険性があります。
ダイエット検定を受検し、ダイエットインストラクターの資格も取得して勉強した今は、人それぞれに体に必要な物は異なるのだから、ダイエットに万人が成功する極端な方法はないと断言出来ます。
勘違いダイエッターだった私を半面教師に、これからダイエットしたい方は、自分自身に合った方法をよく見極めて欲しいです。

この記事を書いたのは。。。けんママ
元学習塾教室長の運動苦手ダイエットインストラクター。
5歳の息子を育てるママ。食育とダイエットを日々研究中♪

計算中