【おうちレストラン】国産オレンジ香るテリヤキチキン

2020/12/21
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

運動苦手でも-10kgのダイエットに成功したダイエットインストラクターで、サンキュ!全農部の渡邉有紀です。
クリスマスに、年末年始。今年はコロナ禍で、おうちでお食事をすることも多いですよね。そんな時にオススメな、簡単メニュー「国産オレンジ香る、テリヤキチキン」をご紹介します。
全農の「12か月のジャムシリーズ」から、「12月のジャム ネーブルオレンジ」を使った、とっておきのメニューです!

テリヤキチキン

一般的なテリヤキチキンのレシピは、砂糖、みりん、醤油を使っています。
美味しいけれど、ダイエット中だと砂糖+みりんの糖質コンボは少し気になるところです。今回は、砂糖+みりんの代わりに、全農の「12月のジャム ネーブルオレンジ」を使って、オレンジの芳醇な香りと優しいてんさい糖の甘みを楽しむことで糖質オフメニューを作ることが出来ます。

12月のジャム ネーブルオレンジ

近隣のスーパーなどの青果売り場では、オレンジ=輸入、みかん=国産のイメージが強いですが、このジャムの原材料は、国産のネーブルオレンジ!国産のネーブルオレンジは12~1月に旬を迎えるそうです。
皮ごと加工されたものなので、やはり国産が安心。北海道産のてんさい糖と一緒に加工されたジャムは、苦みと甘みが絶妙。もちろんパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりするのもオススメです。

オレンジ香るテリヤキチキン

【材料】

鶏もも肉 1枚
醤油麹 大さじ2
(なければ醤油でも可。醤油麹の方がお肉が柔らかくなります)
「12月のジャム ネーブルオレンジ」 大さじ2
オリーブオイル 適量

【作り方】

1.ポリ袋の中に、開いた鶏もも肉、醤油麹、「12月のジャム ネーブルオレンジ」を入れてよく揉みこんでおく
2.薄くオリーブオイルをひいたフライパンで皮面を下にして焼き、裏返してフタをして火が通るまで焼く
出来上がり

「12月のジャム ネーブルオレンジ」を使えば、簡単に、オレンジ香るテリヤキチキンが出来ます!柑橘の香りと甘味が口に広がる、子どもも喜ぶお味です。

旬の国産果物を楽しもう

先日、5歳の息子とお友達親子と一緒に、「みかん狩り」をしましたが、ネーブルオレンジの旬は知りませんでした。
冬は、柑橘系の美味しい季節ですね。

知らなかった国産果物の旬を知ることが出来るのも、「12か月のジャムシリーズ」の良いところ。「12月のジャム ネーブルオレンジ」をお手に取ってみてください!

***掲載の体験談は個人の感想です***

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
元・大手個別指導学習塾教室長の運動苦手ダイエットインストラクター。サンキュ!全農部ライター。
5歳の息子を育てるママ。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中