-10kgのダイエットインストラクターが経験した、「絶対やめて!危険なダイエット」3選

2021/07/05
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

160㎝57kg→47kgのダイエットに成功したママダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターの渡邉有紀です。
テレビや雑誌、SNSで話題のダイエット法。何でも試してみたくなりますよね!私も色々と試しては失敗してきた中の一人です。今回は、ダイエットの正しい知識を学んだ今だからこそ、これは危険!といえる、やってはいけないダイエット法を3つお伝えします。

ダイエットとは

日本でダイエットと言ったら、ほぼ全員が「痩せること」という認識を持っているでしょう。
もちろんそういった意味で間違いないのですが、英語のdietには、痩せるという意味はありません。食事法という意味が一般的です。
肥満になると、生活習慣病をはじめ、病気になる可能性が高くなります。体重を落とし、体脂肪を減らす必要があります。そもそも、ダイエットは、健康でいられるためにするべきものなのです。それなのに、間違った方法で痩せようとすれば、健康を損なってしまいます。
SNSで話題になっていれば、それを正しい情報だと思いがち。うっかりやってしまいそうだけれど、健康に害がある危険性のあるダイエット法を知っておきましょう。

「絶対やめて!危険なダイエット」3選

1.ファスティング

スムージーや酵素ドリンクを使ってのファスティング。セレブや芸能人がやっていて、オシャレ!毒素が出るんだって!やってみよう!
知識なく取り組むのは危険です。ファスティング=断食。胃の中の食べ物を空っぽにする食事法ですから、準備食や回復食など、きちんとした取り組み方があります。それを理解せずに、ファスティングすれば痩せるというのは間違いです。
また、ファスティング自体、内臓機能の回復等の目的でやるもの。もちろん通常の食事をしないので、一時的には体重減少に繋がりますが、体脂肪は減りません。つまり、ファスティングだけで、本来の意味で痩せることは出来ません。
私も知識なく取り組んだ経験がありますが、ただ空腹で食欲が増進しただけで、便秘にもなってしまいました。

2.基礎代謝以下のカロリー制限

SNSの痩せた人の体験談によくある「基礎代謝以下のカロリーにしました!」「一日1000kcal以内におさえました!」などのダイエット法。
危険すぎます。基礎代謝とは、寝転がって安静にしていたとしても、必要なエネルギー量。つまり、生きていくだけで必要なエネルギーです。そこに、活動代謝が加わって、一日の消費エネルギーとなります。
摂取カロリーを基礎代謝以下で過ごすということは、飢餓です。生きていくのにやっとの状態。そんなエネルギー摂取量で運動なんてしたら、体を壊す道へまっしぐら。
32歳、160㎝47kgの私なら、基礎代謝量は1239kcalです。1000kcal以下なんて絶対にダメ
!自分がどれぐらいのカロリーを摂取すべきかわからない方は、計算サイトで一度知ってみると良いですよ。

3.薬に頼る

世の中には、痩せるための薬やサプリメントが、たくさん売られています。
大抵、お通じを良くする物が多いです。私も便秘に悩み、漢方薬や出るお茶に頼ってしまった時期がありました。当然出せば体重は減ります。ですが、行きつく先は、自分で出すことが出来ない弱った腸…。
薬に常に頼った方法で、健康的に痩せるのは不可能です。そもそも、脂肪がドバドバ出る薬はありません。もしあるなら、毒です。

ダイエットに近道はない

ここにあげた3つの方法は、短期間で効果が出そうに感じてしまう方法です。
痩せたい気持ちが強ければ強いほど、こういった方法を、冷静な目で見られなくなります。
ダイエットに近道はありません。今の自分の体型は、今まで過ごしてきた自分の習慣によって培われたものです。それを変えるならば、毎日の習慣を変えるしかないのです。
危険な方法に足を踏み入れる前に、ちょっとでも日々の暮らしで運動量を増やせないかな?揚げ物など高カロリーな物ばかり食べていないかな?など、小さなところから見直してみましょう。ダイエットに近道はありません。遠回りしても、健康的な習慣を手に入れた人だけが、ダイエットに成功出来ます。

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
元・大手個別指導学習塾教室長の運動苦手ダイエットインストラクター。サンキュ!STYLEライター。サンキュ!25周年専属読者モデル。
6歳の息子を育てるママ。-10kgのダイエットに成功し、日本ダイエット健康協会認定インストラクターの資格を取得。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中

関連するキーワード