【イオン】「これ、本当に低糖質?」-10kgの主婦がハマった!ダイエッターの希望全てを叶えたカレー

2021/09/15
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

160cm57kg→47kgのダイエットに成功したママダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターの渡邉有紀です。
日本の国民食カレー。私も大好きです。でも、ダイエットにおいては、糖質、脂質、カロリーに全てが高く、敵扱いされがち。
ダイエッターの、カレーを心置きなく楽しみたい!という気持ちを叶えてくれるレトルトカレーが、イオンにありました。
今回は、「トップバリュ 低糖質 2種の豆とチキンのカレー」をご紹介します。

カレーはダイエット中に食べても良い?

カレーの1皿あたりのカロリーは、標準的な量を食べて、約700~800kcalです。1食のカロリーとしては高めです。
糖質量は約125g、脂質は約26g。高エネルギー食だといえます。
ダイエット中でも、量を減らして食べる工夫をすれば、食べてはいけないということはありませんが、ヘルシーな食事とは言い難いです。
でも、ヘルシーなカレーがあるなら、食べたいですよね?

トップバリュ 低糖質 2種の豆とチキンのカレー

そんな、ダイエッターの願いを叶えてくれる商品がこちら。
「トップバリュ 低糖質 2種の豆とチキンのカレー」。
1袋120g入り。105円(税込)というお手軽価格です。

鶏肉の一部に大豆を使い、バナナチャツネ、カシューナッツを入れ、まろやかな味に仕上げました。100g当たり5g未満を「低糖質」としています。三重県の工場で作っています。

栄養成分は?

カロリー 93kcal
糖質 5.0g
たんぱく質 10.7g
脂質 2.8g
炭水化物 7.4g
食塩相当量 1.4g

100kcal以下というだけでなく、糖質も脂質、塩分までも低く抑え、たんぱく質はしっかり摂れるという、驚きのカレーです!
別のメーカーからも、低糖質カレーは発売されていますが、ここまで栄養成分が良い物は他に知りません。

味は美味しいの?

いくら栄養成分が良くても、美味しくなければ意味がありません。食べてみました。
袋を開け、皿に移し替えて、ラップをして600wで50秒加熱。ごはんと一緒に盛り、茹で野菜もトッピング。

レトルトカレーは具があまりないのがスタンダードだと思っていたのですが、こちらの「トップバリュ 低糖質 2種の豆とチキンのカレー」は、鶏肉や豆、野菜がゴロゴロと入っています。

鶏肉はあっさりしていて、柔らかいです。一部に使われているという大豆の肉は、よくわかりませんでした。豆はしっかり入っていますが、大豆肉の主張はありません。

ルーは、薄味ながらスパイスが効いていて、レトルトカレーとしては十分な食べ応えがあります。
「これ、本当に低糖質の商品だっけ?」と言いたくなるほど、満足しました!

他にも、「トップバリュ 低糖質 キーマカレー」も販売がありました。
ダイエット中でも、罪悪感なしにカレーを楽しむことができるのは嬉しいです。

カレーが食べたいダイエッターの皆さん、お近くのイオンやまいばすけっとで、探してみてくださいね。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
ダイエットの先生。元・大手個別指導学習塾教室長。サンキュ!STYLEライター。サンキュ!25周年専属読者モデル。イオンでヘルシーな物を探すマニア。
6歳の息子を育てるママ。-10kgのダイエットに成功し、日本ダイエット健康協会認定インストラクターの資格を取得。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中