【160㎝57kg→47kg】私が痩せるために手放したこと

2021/10/12
  • 元大手学習塾教室長のママダイエットインストラクター。サンキュ!25周年専属読者モデル。 もっと見る>>

-10kgのダイエットに成功したママダイエットインストラクターで、サンキュ!STYLEライターの渡邉有紀です。
160㎝57kgから47kgに減量し、体型をキープしている私。
痩せるために、手放した、一番大事なことがあります。
健康的にダイエットするために、見直してみてください。

太ってしまった習慣を見直す

まず、ダイエットを始める時に大切なのは、太ってしまった習慣を見直すことです。
太ってしまった理由は、人によって異なります。
スイーツが好きで食べすぎてしまった人もいれば、お酒が好きでおつまみを楽しみすぎてしまった人もいるでしょう。その習慣を変えるのは難しいですが、少しずつ改善していくことで、体型にも変化が現れるのが、ダイエットのおもしろいところです。

私の場合は、育児のストレス発散方法として、「食べること」を選んでしまったのが大きな原因でした。
おしゃれして出かけるわけにもいかないし、友達ともなかなか会えないし、細切れにしか自分の時間がない。そんな中、息子が寝た後にお菓子を食べたり、息子と遊びながら、甘いコーヒーをたくさん飲んだり。隙間時間に、食べ物を詰め込むのが習慣になっていたのです。
それが、唯一のストレスを解消する手段で、これを我慢したら元気ではいられない!と自分に言い訳をする日々でした。

「ストレス発散=食」を手放す

私のように、「ストレス発散=食」になっている人は、実は多いと思います。
多忙な日々の中で、手軽にできることのひとつですから。
でも、この「ストレス発散=食」を手放すことは、ダイエットにとってとても重要です。健康的に痩せるには、食事制限まではいかなくとも、食事の内容を管理していかなければいけません。何を食べるか?何を食べないか?それらを考えることが、苦痛になってはいけないのです。

では、ストレス発散法をどうやって、他へと向けることができたのかご紹介します。

仲間を作った

Instagramで、知り合いのいない「ダイエット専用アカウント」を作りました。これは、Twitterでもブログでも、何でも良いと思います。
ダイエットを頑張ろうという気持ちを他の人とも共有し、励ましあうことで、自分のネガティブな感情を消していました。

運動した

そもそも、運動は大の苦手、大嫌いだった私。
それでもあえて、苦手なことへと挑戦することで、コンプレックスが解消されました。
以前は、運動といえば、ランニングしたり、ジムへ通ったり、とても難しいことだと考えていました。でも、そこまでハードルを上げる必要はないのです。家で30分。何でも良いからやると決めて取り組むことに。
好きなことをするのは簡単だけれど、嫌いなことにチャレンジするのって、自分をたくさん褒めてあげたくなりますよね!

痩せるための一番の近道は、習慣を変えること

短期的に、楽して痩せられたら、どんなに幸せなことでしょう!
ですが、残念ながら、そういった方法はまだ開発されていないようです。
痩せるための一番の近道は、習慣を変えることです。何げなくしている習慣が、太る原因になっているのかもしれません。
ぜひ、自分に合ったダイエット習慣を見つけて、心地よい体型と暮らしを手に入れてくださいね!

この記事を書いたのは。。。渡邉有紀
元・大手個別指導学習塾教室長。ダイエットの先生。サンキュ!STYLEライター。サンキュ!25周年専属読者モデル。
6歳の息子を育てるママ。-10kgのダイエットに成功し、日本ダイエット健康協会認定インストラクターの資格を取得。「勉強とダイエットは似ている」をモットーとして、ダイエット個別指導やセミナー、執筆等の活動をしている。

計算中