コロナ禍でも!新生活様式の新しいおでかけの楽しみ方

2020/11/04
  • 前進思考のアラフォーシンママ。40代シンママでも、家計、片付け、ダイエットに成功。息子は12歳。もっと見る>>

1人でも、息子や友人ともおでかけをするのが大好きなアラフォーシンママKAORIです。

次の休みはどこへ行こうかな?何を食べに行こうかな?と考えたり予定を立てるのもワクワクしますよね。でも、コロナ禍になり、電車に乗るのも、県をまたいでの移動も怖くなり、電車もここ半年で数える位しか乗っていません。それでも、少しづつ出来る範囲でおでかけはしたい。と思い、新生活様式の中での新しいおでかけの仕方の中でも楽しみを見つけました。

遠出しなくても

おでかけや旅行というと、自分の住んでる県から出て、電車で長い時間かけてでも。と思っていましたが、自分の身近にもまだまだ行ってない場所、ステキな場所があるんだ。と改めて気づきました。

県内の小江戸へ

子どもとの休日。出かけたのは県内にある小江戸と呼ばれる佐原。

香取神宮

県内で、日帰りで。とてもキレイな景色の所でお散歩して美味しい物もたくさん食べました!

もっと身近な場所でも

佐原には電車で行きましたが、自転車や徒歩で行かれる場所にもまだまだステキな所がある事にも気づきました。

家から自転車で30分の所にある神社。

以前に記事でご紹介した近所のお散歩。普段だと通り過ぎてしまっていた道、行った事のない道を通ってみるのも楽しかったです。↓




紅葉の名所に行かなくても買い物途中にキレイな紅葉を見つけたりも出来ます。

まだまだ、地元で出かけたい所をピックアップ中。新しく出来たカフェや県内の大きな図書館、海辺でのランチや公園などなども行ってみたいです。

今、なかなかおでかけは出来ないけれど、使っていないレジャー費を貯金して落ち着いたら思いっきり使って贅沢なおでかけをするのも楽しみです。

◆この記事を書いたのは・・・KAORI
前進思考のアラフォーシンママ。40代シンママでも、片づけ、ダイエット、家計、仕事に挑戦→成功。中1男子のママ。

計算中