暗い気持ちを吹き飛ばせ!心を元気に整えるダイエットにも良い食事法&簡単やせご飯!

2020/05/04
  • エステティシャン。ダイエットカウンセラー。1歳、7歳の男の子ママ。心身のケアが得意です。 もっと見る>>

整体師でダイエットカウンセラーのerisaです。
みなさん、自宅に居続けている事で疲れが出てきてはいませんか?
自粛が更に延長されて、外に出てストレス発散が出来ない今、自分の機嫌は自分で取る、セルフケアが各々で必要となってきます。
日常の運動量が減り、体力がなくなっていくことで疲れやすくなったり、身体が重くてやる気が出ない。不安で寝不足がちになったり、イライラすることで怒りやすくなったり、いつもと違う生活環境に疲れてきてしまってる方もいるのでは?
慢性的な疲労感の原因は栄養素が足りていないことも考えられます。
今回は元気に過ごせるママになる為に、食事やいくつかの方法をご紹介します。

「たんぱく質」と「鉄分」を摂ろう!

近年の筋トレブームにより、たんぱく質が注目されていますね。
たんぱく質は簡単に説明すると骨や筋肉、肌、髪の毛、爪などの身体の組織を作り、人間の身体に欠かせない栄養素。たんぱく質が不足すると幸せホルモンと呼ばれるセロトニンなどの神経伝達物質を十分に作ることができなくなります。
そして、鉄分はミネラルの一つで身体の隅々まで酸素を届けたり、神経伝達物質を合成する時に必要で、不足するとだるさやイライラ、頭痛、貧血など心身に不調が現れます。

この二つの栄養素を積極的に摂っていただくと心が安定しやすくなります。

たんぱく質…お肉、お魚、エビ、カニ、貝類、納豆、木綿豆腐、そば、卵、牛乳など
鉄分…牛肉、赤貝、しじみ、レバー、卵、菜の花、小松菜、ほうれん草、海藻、大豆など

不調を感じたらこれらの食べ物が摂れていたか食事を振り返ってみると良いですね。

コレは食べないでもらいたい

それはズバリ糖質が多いものやジャンクフード。
パスタやパンなどの糖質メインの食事が多いと、身体の中でたんぱく質やビタミン、ミネラルが消費されてしまい、栄養バランスが偏ってしまいます。
そういう食事が多い方は野菜を増やしたり、糖質メインの食事頻度を減らしたり、栄養バランスが偏り過ぎないようにする事が大切。

他にはお酒や甘いもの、カフェインなどは中毒性を引き起こしやすく、身体が疲れやすくなったりするのでこちらも避けてほしいもの。
糖質オフなスイーツやお菓子はたくさん出ていますので、そちらに変えたりして依存を断ち切りましょう。
食習慣を変えることは難しく、食事がストレス発散になっている方もいると思いますので、まずは小さな一歩からチャレンジしてみてください。
食べる物が変わると不思議と今まで食べていた不要な物を食べたいと思う頻度が減っていきます。試してみてください。

超簡単!わたしの疲労回復やせご飯

私がよく食べる元気が出る痩せご飯は「納豆卵かけご飯」!
包丁やまな板を使わなくても良いので時間が無い時のご飯にも良し。
ご飯が玄米や雑穀米だと更にビタミン、ミネラル、食物繊維もバランスかよく摂れて良いですよ。
ちょっと余裕がある時はとろろやおくら、キムチ、刻み海苔などを入れて栄養価アップ!
噛みごたえもあるので、満足感も出ます。

ダイエットの観点から言うと、必要な栄養素が摂れて、納豆には便秘解消のメリットも。

たんぱく質と鉄分が両方摂れて、心にも良し、ダイエットにも良しの一石二鳥メニューです。

他にはコレも大事!

〇庭やベランダに出て朝日を浴びて、セロトニンの量を増やす
〇睡眠を7、8時間は摂る
〇たくさん笑う
〇SNSやインターネット、不安を煽る情報から離れる

不安や怒りは伝染します。
家族の笑顔と健康を守る為に、まずは自分の心身をケアしましょう。

※個人の感想です。

◆記事を書いたのは・・・erisa
整体師。リンパケアセラピスト。ダイエットカウンセラー。認定心理士。
2人の男の子ママ。
2人目妊娠時に激太りしたが、産後ー14kgのダイエットに成功し、元の体重より落とせた経験アリ。
夢は自分のサロンを開く事。
Instagramにてママのダイエットや健康に役立つ投稿をしています。

計算中

関連するキーワード