こんな服の選び方は太って見える!30代からの着痩せテクニック

2020/10/07
  • エステティシャン。ダイエットカウンセラー。1歳、7歳の男の子ママ。心身のケアが得意です。 もっと見る>>

サンキュ!styleライターのerisaです。
20代と気持ちは変わらないのに、手持ちの服が似合わなくなってきた、と老いを感じやすい30代。
変わっていく、自分の体型を受け入れて洋服選びも変えていく必要があります。
細く見せる為に選んでいる洋服が、実は太く見せている事があるかも!
元アパレルショップ店員のライターが、よくやってしまいがちな着方や選び方をご紹介します。

黒を選びがち

「黒は痩せて見える」と言う理由で、黒ばかり選んでいる人は要注意、
たしかに、黒は「収縮色」で、白は「膨張色」ですので、痩せて見えます。
しかしそれが通じるのは体が細い人だけ。
黒は体型の輪郭をはっきり見せる為、丸みを帯はじめてきた中年以降の女性にはシルエットが大きく見えてしまう事があります。
その上、肌がくすみ始めてくる中年以降はトップスに黒を着ると暗く映り、老け見えの原因になる事も。
黒を着る時はカーディガンやジャケットを羽織ったり、スカーフやネックレスなどを着用し、視線を分散させると良いですよ。

若い頃に着ていたブランドで買い物をする

10代や20代の頃によく来ていたブランドは値段もプチプラで手に入りやすいので、まだ購入しているという方もいると思います。
しかし、対象とされているターゲットが10代や20代の場合、その年代に合わせて洋服が作られている為、サイズが合わない服も!
具体例を挙げると、ピタッとしていて身体のラインが目立つ、ジャケットの袖がキツい、スカートの丈が半端で脚が太く見える、など。
サイズが合わない服はかえって太く見せてしまう原因になります。
同じS、M、Lの表記でも、30代、40代をターゲットにしているブランドとはサイズ感が違う為、若い頃から着ているブランドは、可能であればその場で試着をしたほうが無難です。

隠したがる

若い頃は似合っていたTシャツにパンツなどのスタイルは、シンプルすぎるので着方次第では野暮ったくなり、オバ見えします。そう見えないようなポイントは「足首、手首、首周り」が出る服を着る事です。襟が詰まっている服より鎖骨がキレイに見える服を選んだり、9分丈のパンツで足首を出すなど細い所を見せると着痩せして見えます。
左の写真は袖を捲らず、わざとパンツの裾を下げて足首を隠してますが、右の写真は手首と足首を見せる事でスッキリ見える事がわかると思います。
歳を重ねると隠したくなる方が多いですが、コーディネイトにメリハリをつけるとバランス良くなり、着太り防止になりますよ。

◆記事を書いたのは・・・erisa
整体師。リンパケアセラピスト。ダイエットカウンセラー。
2人の男の子ママ。
2人目妊娠時に激太りしたが、産後ー14kgのダイエットに成功し、元の体重より落とせた経験アリ。
夢は自分のサロンを開く事。
Instagramではママの健康やダイエットに関する事を投稿してます。

計算中

関連するキーワード