【春巻きの皮】でカリットロッ!簡単クレープ風

2021/01/30
  • 料理に関わるお仕事をしています。小学生男子2人のママ。家族が喜ぶレシピをお伝えする料理教室も運営中。 もっと見る>>

こんにちは!家族が喜ぶレシピをお伝えしているサンキュ!STYLEライターのまはらかおりです。

春巻きの皮は、おかず作り以外にも手作りスイーツでも大活躍。今回は包んで焼くだけで簡単にパリっとサクッと美味しいクレープ風の作り方をご紹介したいと思います。
余った春巻きの皮やちょっぴり熟れすぎたバナナの救済にも便利ですよ。

バナナとあんこで作る簡単クレープ風

材料

・春巻きの皮
・バナナ(熟れ気味バナナが良いです!)
・あんこ
・小麦粉+水で作る小麦粉のり

あんこをこんな風にちょっとだけ使いたい時は、あずき缶を使うとお手軽です。ツナ缶くらいの大きさで売っているので、お菓子作りに気軽に使えて便利ですよ。

一緒にクリームチーズやきな粉を入れても◎

作り方

1.春巻きの皮を広げて、適当な大きさに切ったバナナをのせます。

2.続いてあんこをのせます。
ここでさらにクリームチーズをのせても◎甘じょっぱさがクセになる美味しさ!

3.プレゼントを包むように折り畳み、小麦粉のりで止めます。
なるべく厚みのない形にしておくと、全体に早く火が通り時短につながります。

4.フライパンに油を熱し、弱火でじっくり3~4分焼きます。バナナがとろ~んと柔らかくなるくらいじっくり焼くのが美味しさのポイント。強火で焼くとバナナがとろける前に焦げてしまうので注意です。

油で揚げたり、トースターで焼いてもOKです。ヘルシーに仕上げたい場合はトースターが良いです。でも皮が油をすってカリっとなるので、抵抗がない場合は焼くか揚げるのがオススメ。

5.できあがり!

アレンジ自在!簡単クレープ風

今回はあんことバナナでつくりましたが、チョコバナナやジャム入りなど好きな味でアレンジもできます。

ところで、春巻きの皮には裏表があります。

触ってみてツルツルの方が表(外側)、ざらっとしている方が裏(内側)です。裏表を間違えても味に影響はないですが、裏が外側に来ると見た目と舌触りがざらっとした感じに。
和えてそのざらざら感を出しでも楽しいかもしれません!

余った春巻きの皮があったら、簡単に包んで焼いて手作りスイーツを作るのも良いです。我が家ではこのおやつのために春巻きの皮を買ってくることも。
バナナをじっくり焼いてトロトロにすると美味しいですよ。

◆記事を書いたのは・・・まはらかおり
料理研究家。小学生男子2人のママ。自宅の料理教室では、「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」を提案しています。みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中