賛同企業の寄付が集まる! あなたのSNS投稿で「癌(がん)治療研究」の応援に!

2020/09/15
  • 旅を通して子は育つ!旅育推奨のおでかけライター。8歳女の子と5歳男の子、0歳女の子の3児のママです。もっと見る>>

こんにちは。「旅育」推奨ライターのひいろあいこです。
今じゃ日本人の2人に1人がかかるとも言われている「癌(がん)」。
癌を治せる病気にするために進められている治療研究を「SNS投稿」や「いいね!」で簡単に応援できる企画があります。
ぜひその存在を知っていただきたくご紹介させていただきます。

deleteCとは?

「世の中のがんに対するイメージ、認識を変えたい。がんを治せる病気にしたい。」という想いから代表理事 中島ナオさんが立ち上げたプロジェクト。代表理事のナオさんご自身も現在癌と闘っていらっしゃいます。
「deleteC」は「Cancer(がん)」を消すという意味。
様々な賛同企業と共に1日でも早くがんを治せる病気にしたいと日々活動されています。

SNS投稿で企業から100円の寄付!

「寄付」と言われると少し構えてしまうかもしれません。でもこの企画はSNSに投稿するだけで、賛同企業からがんの治療研究に寄付されるという仕組み。その名も「#deleteC大作戦」
少しでも賛同したい気持ちがあれば、SNSへの投稿やいいね!シェアだけでがん治療研究への応援になるのでぜひ参加してみてください。

参加方法

参加方法は簡単!賛同企業の商品ロゴのCを消してSNSに投稿するだけ!

主な協賛企業

コクヨ キャンパスノート
サントリー C.C.レモン、デカビタC
ニチバン セロテープ、ケアリーブ
など

早速私もコクヨさんのキャンパスノートでやってみました。

1.まずはロゴを含む写真を撮る

2.C(CampasノートのC)をスタンプやペイントで隠したり消す。

3.InstagramかTwitter、Facebookに「#deleteC大作戦」のタグ付けて投稿するだけ!

投稿期間:2020年9月30日(火)23時59分まで

スタンプなどを使わずに指や小物で隠すのもOK!
#deleteC大作戦で検索すると猫の手や人形で隠したりとかわいい投稿が出てきました。

想いを形に!みんなでシェアしよう!

私も祖父母や義父など短な大切な人を癌で亡くしています。このプロジェクトを知ったときはぜひ応援したいと思いました。
今じゃ日本人の2人に1人が癌にかかる時代と言われています。1日でも早く癌を治せる時代になるよう、少しでも共感していただけた方はぜひ投稿、シェアで応援しましょう!
癌で苦しむ人が世の中からいなくなるよう心から願っています。

計算中

関連するキーワード