リバウンド知らず!産前より痩せた40代の太らない食習慣「1・2・3」

2021/11/29
  • 「食いしん坊が太らないコツ」に、少しだけ詳しい調理師。行動力はあるけれど挫折も多いアラフォーです。 もっと見る>>

作るより食べる方が好きなアラフォー調理師でサンキュ!STYLEライターのacoです。お立ち寄りありがとうございます。

私は、知人が間違ったダイエットで入院したのをきっかけに、真剣に栄養学とダイエットを学び始めました。
勉強すること、年齢に合ったバランスの食事をすることで、ストレスなく体重をキープしています。

「ダイエットは、食事が9割」と言われています。

いくら運動しても、消費したカロリーよりも食べたカロリーの方が大きかったら台無しだからです。

そこで、私が日頃から気をつけていることを3つ紹介します。

1・よく噛む

ひと口を小さくし30回噛んで食べる。
30回というのは目安で、口の中に固形物がなくなるまで噛むことが重要です。
慣れるまでは、ちょっと顎が疲れますが、疲れるということは普段使っていないということですから、口周りの引き締め効果も出る・・・かもしれませんよ?

30回噛むことで起きる良い効果は、

ゆっくり食べることで、満腹感と満足感を得られる

よく噛むから消化に良く、ポッコリお腹解消になる

2・食事はバランス

これは、座っていることが多い方(5000歩未満/日)の食事の目安量です

ご飯はお茶碗に軽く1杯と、手のひらサイズのたんぱく質、その倍量のお野菜。(温野菜なら片手分です)
特にたんぱく質は、肉・魚・卵・大豆製品を毎食1皿というように偏りをなくします。

そして、温かい汁物は必ず添えています。
フリーズドライのおみそ汁でも、お茶でも良いので、食前にまずひと口。胃腸を温めてから食事をいただきます。

つまり一汁一菜は無敵!

3・食べ過ぎない

甘い飲み物やお菓子も好きなので、1日1杯や1個と時間を決めて楽しむようにしています。制限や我慢はしませんが、食べ過ぎには気をつけています。

3度の食事も減らし過ぎはいけないので、2・で書いた量を意識しています。

食べ過ぎが普通になっていると、急に基本量まで減らすのは無理なので、少しずつ減らしました。
初めの3日ほどは物足りなく感じるかもしれませんが、継続が大切です。

4分の1の法則

私が過去に実践したことですが、
大盛りご飯を2杯食べている人は、2杯目を半分に。
(見た目は大切ですから、お椀を一回り小さくして2杯食べる)
食パンを2枚食べる人は、1枚半にして残りはおやつに。

などなど、「何かを抜く」のではなく、全体量を4分の1ずつ減らしていきました。
とはいっても、お腹の空き具合は日によって違いますから、ゆるく。

つまりお腹の具合と要相談で!

1年後、基本量で満足できるようになっていれば大成功です。

健康的な体型になるためには、禁止食品を作ったり無理な制限をすることは、無意味です。
何でも食べて大丈夫。好きなものを適量、家族や友人との食事を楽しみましょう。

◆記事を書いたのは・・・aco
知人が間違ったダイエットで入院したのがきっかけで、真剣に栄養学を学び始めた調理師です。
「健康的にラクして体型維持をしたい」と考えている食いしん坊アラフォーだからこそ「正しい」「健康的」な食生活を大切にしています。

計算中