100着以上あった服を22着まで減らせた!【まだ着られる】けど◯◯◯な服は捨ててOK

2020/10/26
  • 家事は適度に簡単に!ズボラでもスッキリ暮らすコツや簡単にできる掃除方法について発信していきます。 もっと見る>>

元捨てられない女 サンキュ!STYLEライターのちぃこです。私はプチプラ服が大好きで、可愛いと思った物は深く考えずに衝動買いしていました。一方で出不精のため服を買っても着る回数が少なかったりで、タンスの肥やしが増殖…。

そんな私の手持ち服の総点数は現在22着。かつては100着以上の服をクローゼットに押し込んでいたので、かなり進歩しました!今年手放した服は現時点で16着、買い足した洋服は4着です。洋服は定期的に見直す必要のある物ですが、【まだ着れるから】という理由で捨てずにいる服が沢山ありました。

ベーシックな服にも流行がある。

クローゼットの服を減らしてからは、流行に左右されないベーシックな洋服を買うようになりました。それでも最近、服を見直してみると【ダサい】と思う服がちらほら見つかりました。実際に着てみたら【年相応じゃない】【流行遅れ】ということがはっきり認識できました。

今までお気に入りだったイエローのトップスも最近着てみたら、しっくりこなくなりました。ウエスト部分がストレート形状なので胴長に見えるし、半袖部分のカットが昔っぽくてダサいなと思ったので手放すことにしました。

このように、最近まで一軍だった服が急に二軍以下に落ちてしまうことがあります。ベーシックな洋服だからと言って何年も着られる服って少ないんだなと思いました。

流行おくれの服は手放してOK!

服のシルエットや色の濃淡、柄やその大きさ、袖や丈の長さ等、その年によって微妙に違ったりしますよね。これを考えると、季節終わりのセールで買い物をして来年着倒すぞ!と思うのはあまり得策じゃないと個人的には思います。【ベーシックな服だって何年も着られる訳ではない】と認識し、少ない枚数で着回して翌年には服を入れ替える方が流行も追えて楽しめるのではないでしょうか。私もシーズン毎に手持ちの服を見直すようにしています。

全身鏡でチェックするポイント3つ

服を手放すか迷ったら、一度着てみて全身鏡で全体をチェックしています。私がチェックするポイントは主に3つ。①メイクや髪型と合っているか ②顔や肌がくすんで見えないか ③体型や気になる部分が悪目立ちしていないか です。これに一つでも当てはまったら手放すことにしています。

服を買う基準を持ってみる。

100着以上の服を手放してからは、服の買い方も変わりました。自分の好みの服だけでは体型や肌の色と合わなくなったりするので、①自分の体型に合う洋服を買う ②パーソナルカラーに合う色を買う この2点に気をつけて買い物をしています。

私は痩せ型で骨張っているのでVネックだと貧相に見えるし、パーソナルカラーはブルーベースなのでオレンジ系は肌がくすんで見えるので買いません。逆に自分の体型に合っているのはボートネックやUネックなど首元が開きすぎず、詰まり過ぎていない服です。色味はネイビーやホワイト、薄ピンク、グレーあたりが一番しっくりくる色味だと思っています。

自分に似合う服は年々変わっていくもの。定期的に見直してクローゼットの最適化をしていきましょう!

▶この記事を書いたのは…ちぃこ
【家事は適度に簡単に】がモットー。ブログやInstagramではすっきり暮らすコツ、家計管理について更新しています。

計算中