15着で着回すアラサー主婦のオススメ夏服3アイテム

2021/05/17
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

夏服は約15着で過ごしていますが、私服の制服化や定番化はせず、ほどよくトレンドを取り入れたい派です。

そんなアラサー主婦が選ぶ、2021年オススメの夏服3アイテムをご紹介いたします。

夏服選びのポイントは「トレンド×着心地」

トレンドを取り入れたい!といっても、おうち時間はリラックスして過ごしたいですし、子どもの送迎で毎日自転車を漕いでいるので、動きやすく身軽である必要があります。

つまり、私たち子育て世代の主婦は、トレンドを追いつつも着心地も無視できません。
双方のバランスのとれた服がベストです。

着心地の良い服を選ぶことで、日常生活で部屋着とお出掛け着の境界線をハッキリ分けることなく、いつでもオシャレに心地よく過ごせます。

それを踏まえて3アイテムをご紹介いたします。

1.柄物ロングワンピース

おうち時間が長いので、普段は選ばない「色柄」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

マキシ丈のワンピースだとおうちにいる時は一枚でさらっと涼しく、外出する時は下にワイドパンツやデニムレギンスを履くと、めくれも気になりません。

娘と同じ柄を購入したので、お揃いコーデを楽しみたいと思います。

商品詳細

・ブランド:Pairmanon
・サイズ:フリー
・価格:2,990円

2.シースルー素材

シースルー素材は何となく敬遠されがちですが、絶対に日焼けをしたくない主婦にとっては、アームウォーマーを着けることなく、オシャレに日焼け対策ができます。

長袖でも風通しが良く、長い期間着られるシースルー素材は今夏1枚は持っておきたいアイテムです。

長めのパンツで、下地と二重になっているシースルーパンツを購入しました。
春パンツよりも軽く、見た目も実際着てみても涼しさを感じます。

2.バックプリントロゴTシャツ

定番Tシャツは複数枚持っておくと、子どもと公園に行く時や部屋着としても万能的に活躍します。

やや大きめのバックロゴTシャツを選ぶと今年っぽさも出しつつ、体型もカバーしてくれます。

トレンドと言われても何を買えば良いか分からない、という方はこういった定番アイテムを抑えておくと良さそうです。

まとめ

以上、オススメ3アイテムをご紹介いたしました。

夏服選びで迷った時は、これらのアイテムを検討してみてはいかがでしょうか。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中