【マンション暮らし】築6年目でリフォームしたい箇所ベスト5

2020/09/19
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子どもがいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

こんにちは!68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

マンションを購入して6年目となりますが、やんちゃ盛りの子どもたちと5年間を過ごしたので、色々とガタが出てきていると実感しています。

また、購入当初よりライフスタイルや価値観が変わったりもしています。

そこで、我が家がリフォームするならここをしたい!という箇所をランキング形式で発表したいと思います。

これからマイホームに住まわれる方や計画している方の参考になれば幸いです。

第5位.畳を新しくしたい

一般的にそろそろ張り替えが必要な時期かな、という感じですが、実は約2年前に張り替え済みです。

キッズスペースとして大活躍した畳ですが、その分通常より劣化が進み、築4年目とは思えない程の傷みで畳の業者さんも驚く程でした。

和室にジョイントマットやラグを敷いておけば、劣化のスピードを遅くできたかもしれません。

子どものいる暮らしに畳スペースはとても相性が良いと思いますが、活用すればする程畳の劣化スピードが早まる事を想定して、対策をしていた方が良さそうです。

第4位.壁紙を張り替えたい

防汚加工もない白い壁紙が標準だったので、全体的に汚れが目立つようになってきました。

ただ、最近では気になった箇所は、少しずつ自分で張り替えられるようになってきたので、業者に頼まなくてもできる点で、優先順位は低めです。

第3位.網戸を替えたい

こちらは単純に本体が壊れてしまって、正常に開け閉めが出来なくなってしまいました。
また、子どもが押すことも多かったので、網戸も破れています。

マンション暮らしで虫もあまり入ってこないので、網戸は我が家にとっては必須ではないのですが、やはり使えない状態は気になります。

近いうちに決めたいと思います。

第2位.床を張り替えたい

ご覧の通り、築6年目で傷が多数あります。

ラグなし生活は快適ですが、その分傷がつきやすいというデメリットがあります。

また、マンション購入時にオプションでフロアコーティングを選べましたが、高額で床を張り替えるのとあまり大差がない値段だったので、あえてやらなかった事も原因です。

ただ、そこまで深刻な状況ではなく、子どもはまだやんちゃ盛りなので、今すぐ張り替える事はなさそうです。

どちらかというと、好みが変わり、ダーク色から明るいトーンの色に替えたいなぁという、インテリア的な面からの希望です。

こちらは、できる範囲でメンテナンスをしていきたがら、築10年目を目処にリフォームしていきたい箇所です。

第1位.和室の壁をとっぱらってリビングを広くしたい

マンションの間取りではよくある、リビングに隣接している和室ですが、和室単独で使うことはあまりない為、この壁をとっぱらって、もっとリビングを広々使いたいなという心境の変化がありました。

入居当初は、「リビングの物も和室に突っ込んでドアを閉めればすっきりする!」という考えも心の中にありましたが、シンプルを追求するうちに、その考えがなくなった事も変化としてあげられます。

将来は、夫婦の寝室になる場所ですが、その時は壁がなくとも簡易的なカーテンやパーテーションでも対応できるはず、と今のライフスタイル優先で考えています。

ただ、壁や床の工事も必要となってくるので、やや大がかりです。
理想はありますが、予算とも向き合いながら現実化させていきたい箇所です。

最後に

子どもの有無や年齢によっても、リフォームが必要な場所や劣化スピードが変わります。

また、一言で「リフォームをしたい」といっても、「劣化」と「好みの変化」で分かれました。

自分で手直しできる箇所は自分でやり、業者依頼が必要になってくる場所は優先順位を見極めながら判断していこうと思います。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

計算中